オススメ 製品情報はこちらへどうぞ!

飛行機で酔いにくい席は?長時間フライトや飛行機酔いが怖い人もこれで安心!

飛行機で酔いにくい席とは?

飛行機での移動で怖いのが「飛行機酔い」

僕は乗り物酔いがひどく、「飛行機」「車」「船」どれに乗っても毎回酔いまくりです!車は運転していれば大丈夫なのですが、飛行機や船は自分で運転するわけにはいかないんですよね〜

[chat face=”5f7b634df0bc648dbe488cf498bdab8f-1.png” name=”” align=”left” border=”blue” bg=”blue”]酔いやすい体質なんです・・・[/chat]

バスに乗る時は前の席が酔いにくいと言いますが、飛行機ではどうなんでしょう?

ということで飛行機に乗る場合、酔いにくい席を調べてみました!

飛行機で酔いにくい席は?

そして飛行機に乗る場合、大概長時間乗っている場合が多く酔い止め薬が手放せません!

薬を飲んでも酔いがひどい時もあります。

そんな時できるだけ飛行機で酔いにくい席に座るだけでかなり差が出ます。

その飛行機で酔いにくい席というのがこちら!

[jin-img-shadow]

飛行機で酔いにくい場所

[/jin-img-shadow]

飛行機にて一番揺れない席というのは、飛行機の主翼の前から4分の1の位置の中心と言われており、理由として航空機の重心はこの辺りをとるからと言われています。

ただし、上の画像は完全に中心付近に円を入れました。

僕の体感では完全に中心の方が酔いが少なかったという実績からこの位置の席をお勧めしています!もし席が空いていなければ飛行機の後ろよりも前に席を取ると揺れが少ないです!

[jin-iconbox01]飛行機の機種により若干異なります。[/jin-iconbox01]

何気なく取った席で酔ってしまうよりは少しでも揺れが少ないと言われている席を取った方が良いと思い込ませるのです!!

思い込みで乗り物酔いしなくなったと言う話があるくらいですから思い込みの力というのはいい酔い止め薬になってくれるはずです。

乗り物酔いとは?その原理は?

乗り物酔いってなぜ起こるのでしょうか?

その原理について簡単に説明していきます!!

乗り物酔いとは

乗り物(車・船・飛行機・電車等)の揺れや加速・減速によって体の内耳にある三半規管が刺激されることで起こる、自律神経の失調状態である。

Wikipedia参照

このように乗り物酔いとは一種の自律神経の乱れなのですが、詳しいメカニズムはまだ判明していない点も多いようです!

飛行機で酔いにくくする方法

飛行機で酔いにくい座席に座るだけでなくできる限り酔いにくい方法を試すということも非常に大事です!それほど乗り物酔いとは酔いやすい人にとっては死活問題!!

ということで僕も実践している酔いにくい方法をご紹介!

あらかじめ酔い止め薬を飲んでおく

酔わないために「あらかじめ酔い止め薬を飲んでおく」これは酔いやすい人にとっては基本中の基本ですよね!

万が一酔い止め薬を忘れた場合は、飛行機の客室乗務員さんに言うと酔い止め薬をもらえます!しかし、酔ってから薬を飲んでも遅い為できるだけ早めに酔い止めを飲んでおくようにしましょう!

空港で売っている場合も多いので購入しておいた方が無難です!

飛行機移動中は睡眠をとるようにする

僕は日本から長時間のフライトで海外等に行く場合は、早め酔い止めを飲み移動中できるだけ睡眠を取るようにしています。

本を読んだりスマホを触ったり映画をみたりしていると一発で酔ってしまう為、ぼけっとしているくらいなら寝てしまった方がだいぶ楽ですよ!!

あと飛行機に乗る前の睡眠も非常に大事で、睡眠不足では乗り物に酔いやすいと言われているので十分な睡眠をとり体調万全で飛行機に乗るようにしましょう!

酔ってしまった時の対処は?

結論から言うと1度乗り物で酔ってしまうと何をしてもダメです!

手の親指と人差し指の間のツボを抑えると良いとか聞いたことがありますが、個人的には一切効き目がありませんでした!

寝てしまって楽になろうと考え寝たこともあります!

これもダメ!気持ち悪くてすぐ起きてしまいます!

僕が言いたいのは、酔う前に打てる手立てはきちんと打つ!最善の酔いにくくする方法はこれに尽きると考えています!

まとめ

[jin-img-shadow]

飛行機酔いまとめ

[/jin-img-shadow]

飛行機に乗って酔ってからではもう遅いのです!

酔わない為にあらかじめ色々と手を打っておくという準備が非常に大事です!これは飛行機だけではなく車だったりバスだったり船や電車でも一緒ですよね!

僕は非常に乗り物酔いしやすい体質なので準備は怠りません!

1度酔ってしまうと目的地に到着してからもしばらく気分が悪い状態が続くので、旅行も台無しとならない為にこういう情報は必須と考え今回の記事にしました!

乗り物酔いの軽減していきましょう!

https://www.zig-blog.com/entry/haneda-airport-terminal

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です