オススメ 製品情報はこちらへどうぞ!

【Amazon Drive】を無料で活用!クラウドストレージサービスならコレ!

【Amazon Drive】を無料で活用!クラウドストレージサービスならコレ!

この記事を読んでみてもらいたい人は!

  • 【AmazonDrive】について詳しく知りたい人
  • 【AmazonDrive】を無料で使う方法
  • 写真などのデータのバックアップ先を探している人

子供の写真や家族で旅行に行った時の写真やパソコンの中にある大事なデータなどのバックアップどっかに取らないとダメだなーと思いながら放置してないですか?

パソコンやスマホがクラッシュした場合に備え外付けのHDDやSSDにデータを移すのも手ですが外部クラウドストレージサービスを利用する方法もあります。

今回はネットショッピングや動画配信サービスで利用する人が多い「Amazon」のクラウドストレージサービスのご紹介です!

オススメ外付けHDDはこれ!

【I-O DATA HDPX-UTSレビュー】外付けHDDがMacbookに合う【1TB・2TB】【I-O DATA HDPX-UTSレビュー】外付けHDDがMacbookに合う【1TB・2TB】

Amazon Driveとは

Amazonが提供している「Amazon Drive」は登録さえすれば誰でも使えるAmazonのサーバーにデータを保存するクラウドストレージサービスです。

データ管理とバックアップ

このサービスは無料で使うことができます。
(無料での利用は容量制限あり)

AmazonはDriveの他にも【Amazon Photos】というクラウドストレージサービスを運営していますがまずは2つの違いから説明していきますねー

Amazon DriveとAmazon Photosの違い

【AmazonDrive】と【AmazonPhotos】は両方ともAmazonが提供しているクラウドストレージサービスですが内容が異なっています。

大きな違いとしては対応しているデータ形式です。

対応形式 AmazonDrive AmazonPhotos
JPEG
PNG
MP4
PDF ×
DOCX ×
ZIP ×

AmazonPhotosは名前の通り写真やスマホなどで撮った動画のクラウドストレージとなっていてAmazonDriveの方は様々なファイルのバックアップが取れるPhotosの完全上位互換のサービスとなっているようですね!

AmazonPhotosはAmazonプライム会員であれば容量無制限でアップロードが可能になっていますがAmazonDriveは無料で使える容量に制限があります。

ジグ

でも心配無用!!

Amazon Drive内でAmazon Photosの利用もできちゃうんです!

動画は一定容量を超えるとエラーになる場合があるみたいなので、写真データの保管庫としての利用が1番適しているのではないかと思います。

ジグ

写真はPhotosでその他データはDriveと使い分けがオススメ!

Amazon Drive無料で使える機能紹介

無料版と有料版での違いを説明して行きます!

無料版と有料版で基本的に機能面での違いはありません。

では有料にすることでどうなるのかというとデータ保存容量を増やすことができます。

Amazon Driveを無料で利用する場合、データ保存容量は5GBと容量制限となっています。

5GBというと1,000万画素(目安)の写真が約1,500枚、音楽なら約1,000曲分くらいの容量となっています。

では有料版の価格を参考までにご紹介!

Amazon Drive 有料プラン(1年間利用料金)
5GB 無料
100GB ¥2,490
1TB ¥13,800
2TB ¥27,600
3TB ¥41,400
4TB ¥55,200
5TB ¥69,000
6TB ¥82,800
7TB ¥96,600
8TB ¥110,400
9TB ¥124,200
10TB ¥138,000
20TB ¥276,000
30TB ¥414,000

30TBの容量の金額はなんと41万円!!

もちろん一般的に写真や書類のデータのバックアップとして利用するだけなら5GBでも十分利用価値がありますね!

登録方法と使い方解説

まず利用するにあたってAmazonの会員登録が必要です。

これはほとんどの人が登録していると思うので説明を省きます!

Amazonの会員の人は【Amazon Drive】のページへと進みましょう!

手順1
Amazon Driveのセットアップ

AmazonDriveセットアップ

Amazon Driveのページへと行くとセットアップを開始することができます。

手順2
Mac/Windows版のデスクトップアプリのDL

デスクトップアプリをDL

セットアップを進めると自動でデスクトップアプリをDLします。

DLが終わったら【次へ】へ

手順3
スマホやタブラットでも使えるようにする

次にAmazon Driveをスマホやタブレットでも使えるようにするために電話番号を入力します。

電話番号を入力すると、SMSでアプリダウンロードのリンクが貼られたメールが届くのでスマホなどの方でもAmazon DriveアプリをDLしましょう!

もちろんPCのみで使いたいという人は【スキップ】でもOK!

セットアップはこれで完了です!

手順4
写真やその他データをアップロードする

では実際に写真などのデータをアップロードしてみましょう!

デフォルトで“ドキュメント”“ビデオ”“写真”というファイルがあります。

自分の分かりやすいようにファイルなどを追加してみてください。

フォルダを作成

手順5
データをアップロードする

データをドロップ

Amazon Driveの画面上にデータをドロップすると保存先のファイルの選択をすることができます。

まとめ

外部のクラウドストレージサービスは様々ありますが、“Amazon”はよく使うって人も多いので【Amazon Drive】は1度使ってみてもいいかもしれません!

もちろん無料での利用が前提での話です!

あまり有名でないような会社が運営するサービスよりは断然Amazonの方が安心して利用することができそうですよねー

有料プランを使うのであればAppleやその他大手の選択肢も参考にしたほうがいいかも!

Amazon musicをオフラインで聴く方法!

Amazon Musicをオフラインで聴く方法は音楽ダウンロードで簡単解決

スマチケ解説ならこれ!

スマチケの譲渡・分配・転売の疑問、質問を徹底解説(e+イープラス)スマチケの譲渡・分配・転売の疑問、質問を徹底解説(e+イープラス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です