オススメ 製品情報はこちらへどうぞ!

Googleアナリティクスの平均セッション時間が0秒になる理由と改善方法

Googleアナリティクスの平均セッション時間が0秒になる理由と対処法

ブログやサイトを運営しているとどうしても気になってしまうのがGoogleアナリティクスですよね!1日に何回も見ていませんか?

ジグ

こんにちはジグ(@zigblog)です!

そんなGoogleアナリティクス見るとき何のデータを見ていますか?

ユーザー訪問数やPV数?それとも集客や行動のデータですか?

もちろんこれらのデータもブログやサイト運営においては非常に大事なデータであり指標になり気になる項目の1つです。

そんなGoogleアナリティクスのデータで「行動サマリー」の平均セッション継続時間という項目もちゃんと確認しているでしょうか?

ブログを始めたばかりの人でこの項目が0秒になっている人も少なくないと思います。

今回の記事では「平均セッション継続時間」が0秒になる理由やその対処法を詳しく解説していきたいと思います。

Googleアナリティクスの平均セッション時間とは

Googleアナリティクスの平均セッション時間とは

まず平均セッション時間が0秒になる問題や改善方法を知る前に平均セッション継続時間の正しく理解するためにその定義や計測方法を覚えておきましょう!

Google公式にはこのような記述があります。

平均セッション継続時間

平均セッション継続時間は、すべてのセッションの継続時間(秒単位)の合計をセッション数で割った値となります。

個々のセッションの継続時間は、セッション最後のページでのエンゲージメントヒットの有無によって算出方法が異なります。

出典:Googleアナリティクス公式

簡単に言うとGoogleアナリティクスの“平均セッション時間”というのは、ユーザーがそのブログやサイトに滞在し離脱していった時間の平均を指しています。

“平均セッション時間”はGoogleアナリティクスのアプリならホームの「行動サマリー」からすぐに確認できます。

セッション継続時間とSEOの関係性

まず結論から言うとサイトの滞在時間は検索順位の決定には関係はなく、単純にセッション継続時間の改善は直接的なSEO対策にはなりません

これは公式に言われている事実です。

GoogleはGoogleアナリティクスのデータを検索順位の決定に直接的に使っているわけではないと明言しています。

ヨメ

えっ?じゃー滞在時間の改善は意味がないの?
いやいや完全に関係ないとは言い切れないんだよ!

ジグ

僕の考えでは直接的な関係はなくとも間接的なSEO効果に繋がると考えています。

どういう事かというとサイトへの滞在時間が長いということはしっかりとした記事の構成、コンテンツの充実(内部リンク等)とSEO対策を意識して作り込んでいる証拠です。

要するに滞在時間というのはユーザーからのブログの評価やブログの構成がしっかりしているかどうかを表す大事なデータという事です。

滞在時間の改善は直接的ではないにしてもSEO対策になり得ると考えています。

初心者が陥りやすい「平均セッション時間0秒」問題

ブログを始めたばかりの人が「平均セッション継続時間」で陥りやすい問題として平均が0秒になってしまうということがあります。

これは僕もブログを始めた初期の頃にありました。

ブログやサイトにアクセスはあるのに何故?となった思い出がありますね!

ではまず平均セッション継続時間が0秒になるのかを説明!

セッション継続時間とは先ほど説明した通り、ユーザーがブログやサイトに滞在し操作していた時間なのでアクセスがあるイコール滞在0秒というのはありえません。

何故0秒になるかという理由は、Googleアナリティクスのセッション継続時間の計測方法にあります。

例えばあなたが書いた記事をとりあえずA記事とします。

検索やSNSなどからの流入でA記事に訪れたユーザーが3分間A記事を読んだ後、他の記事やその他コンテンツをクリックせずに完全に離脱した場合セッション継続時間はどうなるか分かりますか?

答え:セッション継続時間0秒

ヨメ

えっ?3分じゃないの???

単純に考えると3分と言いたくなりますが違うのです!

何故0秒になるかというと以下の画像を見てください!

初心者が陥りやすい「平均セッション時間0秒」問題

Googleアナリティクスはユーザーの最後の行動が離脱の場合セッション継続時間を計測しない仕様だからなのです!

要するに最初のページで離脱してしまうとユーザー訪問数がいくらあってもセッション時間は0秒になってしまうということですね!

ブログの平均セッション時間改善方法

ブログの平均セッション継続時間を改善する方法は2つです。

  1. 最後まで読みたくなる記事の構成・コンテンツの作成
  2. 回遊率を高める内部リンク構築

1番目の「最後まで読みたくなる記事の構成・コンテンツの作成」は基本中の基本であってブロガーの心構え的な話なので永遠のテーマの論議はここでは省略!

ブログを始めたばかりのブロガーの人にとって特に大事なのは「回遊率を高める内部リンクの構築」だと思っています。

ユーザーが1つの記事を読んで続けて次の記事を読んでもらう。

ジグ

これが大事なのです!

回遊率を手っ取り早く上げるには内部リンクです。

しかし内部リンクはなんでも良いから貼れば良いというもんではありません。

例えば今回の「平均セッション継続時間」について記事に下記のような内部リンクはどうでしょうか?

肝油の効果!美肌効果抜群!肝油ドロップが本当にお肌に良かった!肝油の効果!美肌効果抜群!肝油ドロップが本当にお肌に良かった!

今回の記事とは全く関係のない内容の記事ですね!

多分平均セッション継続時間を調べに来た人に「肝油の効果」についての記事は読んでもらえる確率が非常に低いと言えます。

今回の記事を読みに来てくれたユーザーがどういった情報を求めているのかを考えると、貼るべき内部リンクはブログやサイト関係の記事になってくると思います。

例えば「アドセンスに関する記事」はどうでしょう。

アドセンスの審査に合格するその手順と条件!初心者ブロガーの落し穴

内部リンクの記事同士は関連性を持たせる事によってよりクリック率が高まり平均セッション継続時間の改善にも繋がるはずです。

平均セッション時間の理想

平均セッション継続時間の理想のタイムをご存知ですか?

これに関しては明確な数字で公表されていない為、僕にも分かりません!

しかし大体の目安は色々なデータから読み取ることはできます。

現在トップランカーとして活躍しているブロガー・アフィリエイターの検索上位サイトから調査したり運営報告で公表しているデータから分析することができます。

このデータを調べているブログ記事も結構あります!

その様々なデータの平均を取ると以下のような数字になります。

  • 特化サイトの場合 平均約2分〜3分が理想
  • 雑記ブログの場合 平均約1分半〜2分が理想 

これはあくまで集計であって100%確実とは言い切れません。

しかし実際のデータからの時間なので参考にはなるはずです。

ここで知っておかなければならない事がもう1つあります。

それはブログの1つのページに対する滞在時間は長ければ長いほど良いとは限らないという事です!

ある程度の時間自分のブログに滞在してもらうに越したことはありませんが、実際にブログに滞在し操作している時間は実際限られています。

もちろんブログを開いたまま長時間放置しても操作がなければGoogleはセッション継続時間だとは認めてくれず集計から外れてしまいます。

これらのことを考えるとWebサイトの平均セッション継続時間の理想はは約2分くらいではないかと思います!

これを目標に記事の構成やコンテンツの見直しを図る、立派なSEO対策に繋がるはずです。

ジグ

ちなみに先月の当ブログの平均セッション継続時間は約1分ちょっと・・・

僕の場合も理想から約半分くらいの時間しか滞在してもらえていません!日々検証と改善の繰り返しが必要ですね!

まとめ:平均セッション継続時間

平均セッション継続時間が短いと感じる場合には記事のボリュームを見直す事も大事です。

ちなみに僕が使っているWordPressのテーマ「SANGO」では記事タイトル下にこの記事を読み終わるまでにかかる時間が表示されます。

この時間は1000文字1分計算で算出されます。

3000文字で3分という計算になりますが、実際訪れたユーザーはこれより短い時間で流し読みして、他のページもしくは離脱します。

仮に1500文字の記事の場合だと計算上は読み終える時間は1分半ですが、実際は1分未満で離脱されてしまいます。

記事の文字数のボリュームも大事だという事ですね!

「平均セッション継続時間」が短い場合、様々な角度からブログを見直す!

これに尽きますね!

ブログのキャラクターを作ろう!

ブログ・SNSにアイコンは必須!顔出しNGな人の為のアイコンの作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です