オススメ 製品情報はこちらへどうぞ!

ドット絵をアプリで描こう!おすすめドット絵アプリランキングbest3

最近の自分の密かなブームである「ドット絵」。
ドット絵はSNS用のアイコンであったり各種待ち受け画面に使っている人もいますよね!

「あのドット絵ってどうやって作るの?」と作り方がわからないという人もいるかもですよね!パソコンでの複雑な作業なんて必要ありません!ドット絵を作るのに必要なのはアプリだけです!

アプリを使って簡単にドット絵が描けてしまいます!!

ドット絵とは

ドット絵というのは、コンピューター上の画像の表現方法で限られたピクセル数の中でピクセルを1つずつ配置していく手法の絵です。

1980年代のゲームには、このドット絵の手法が使われており、この表現方法が主流であった。しかし現在でもこのドット絵は味があるとして表現方法としてまれに使われている。

[chat face=”e21596b55441949e4143ac7ae96c6a5b.png” name=”” align=”left” border=”blue” bg=”blue”]ドット絵にはドット絵の良さがあるよね![/chat]

アプリでドット絵を描こう

ドットを使った絵は、素人には難しいと思うかもしれませんが、色々な手法で描くことができます。もちろんIllustratorなんかでドット絵風のイラストも描けるのですが、結構めんどくさいんですよね!!

しかし、全然パソコンが使えない人でも今は専用のアプリを使えば誰でも簡単にドット絵を描くことができちゃうんです!!

ドット絵アプリランキング

ドット絵を書くためのおすすめアプリをランキング形式にてご紹介しますね!!

[1]ドット絵アプリランキング1位
評価 [star5.0]
アプリ名 ドットピクト!かんたんドット絵アプリ
料金 無料で利用できます。
[jin-button-shiny visual=”shiny” hover=”down” radius=”50px” color1=”#54dcef” color2=”#0794E8″ url=”https://itunes.apple.com/jp/app/ドットピクト-かんたんドット絵アプリ/id995653343?mt=8″ target=”_self”]ドットピクト 公式[/jin-button-shiny]

 

[2]ドット絵アプリランキング2位

評価 [star4.0]
アプリ名 ドット絵エディタ – Dottable
料金 無料で利用できます。
[jin-button-shiny visual=”shiny” hover=”down” radius=”50px” color1=”#54dcef” color2=”#0794E8″ url=”https://itunes.apple.com/jp/app/ドット絵エディタ-dottable/id946923840?mt=8″ target=”_self”]ドット絵エディタdottable 公式[/jin-button-shiny]

 

[3]ドット絵アプリランキング3位
評価 [star3.5]
アプリ名 8bit Painter – ドット絵アプリ
料金 無料で利用できます。
[jin-button-shiny visual=”shiny” hover=”down” radius=”50px” color1=”#54dcef” color2=”#0794E8″ url=”https://itunes.apple.com/jp/app/8bit-painter-ドット絵アプリ/id894301273?mt=8″ target=”_self”]8bit Painter 公式[/jin-button-shiny] [jin-iconbox01]このランキングは個人的な使用感に基づき構成されています。[/jin-iconbox01]

 

おすすめドット絵アプリ「dotpict」

おすすめドット絵アプリのベスト3をご紹介したので1位の「dotpict」の使い方を説明していきたいと思います!使い方はとても簡単で誰にでもドット絵がすぐに描けてしまいます!!

dotpictの使い方

アプリをダウンロードしたらすぐに使えるので試してみてください!

まずアプリを立ち上げると下の画像のように他の人が描いたドット絵の作品が見られます!「新着」「人気」といった作品が見れるほかにタイトルで検索をかけることもできちゃいます!!

ランキング上位のドット絵はさすが!と言えるほどの作品ばかりです!では早速、頑張ってランキング上位の人のようなドット絵作品を描いてみましょう!

画面下に表示される「マイギャラリー」をタッチしマイギャラリーを開いたら右下に表示される+ボタンを押すと「新しく作る」でキャンパスサイズを指定して制作画面に移れます。

このキャンパスサイズはドットのマス目の縦×横の数です。数字が小さいマス目数を選ぶと1つのマス目が大きく荒いドット絵が描けますし数字が大きいキャンパスサイズを選べばマス目の多い綺麗なドット絵が描けます。描きたい絵の細かさで選択するといいと思います。

[box05 title=”キャンパスサイズ”]
  • 16×16
  • 24×24
  • 32×32
  • 48×48
  • 64×64
  • 96×96
  • 128×128
[/box05]

キャンパスサイズは以上の7種類となります。今回は32×32のキャンパスサイズで描いていきます!!

次に選ぶのはパレット=色です。ここでは「初めてのパレット」が使えるはずなのでこれを選択しましょう!初めてのパレットといえども16種類の色が使えますよ。

今回は当ブログのキャラクターをドット絵で描いてみたいと思います!元キャラクターはこちら!

では早速ドット絵制作開始です!!

キャンパス上では、下に並んでいる色を選択し色をつけたいマス目にカーソルを持っていき一番下の「dot!」を押すと選択したマス目に色を付けられます!

また「dot!」を押したままカーソルを動かすと線を描くように続けてマスに色をつけることができます。その他色々な機能もあるので実際に描いて試してみてください!

書き出しは自分の好きなサイズをリストから選ぶだけです!

出来上がった作品がこちら・・・

ちょっと練習が必要みたいですね・・・

でもこんなに簡単にドット絵が描けるとは思いませんでした!冒頭にも描いたようにドット絵は色々使い道がありそうでSNSアイコン用にドット絵とか良さそうですよね!

面白いアプリなので是非お試しください!!

https://www.zig-blog.com/entry/knivesout

https://www.zig-blog.com/entry/pubg-mobile

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です