オススメ 製品情報はこちらへどうぞ!

Excel(エクセル)の縦書き文字入力方法を簡単解説!

Excel(エクセル)の縦書き文字入力方法を簡単解説!

Excel(エクセル)で表や資料を作っていると「あっ!ここ縦書きにしたい」と思うことってありますよね!

通常Excelはデフォルトの設定で横書きが基本となっているため縦書きにはちょっとした設定が必要になってきます。

Excelを頻繁に使用している人にとっては基本かもしれませんが、たまにしか使わないって人は分からないとか忘れちゃった人も多いかと思います。

ジグ

では縦書き方法を説明していくよ!

サクッと知りたい人に!

  1. 縦書きにしたいセルを選択し右クリック
  2. 「セルの書式設定」を選択し開く
  3. セルの書式設定内の「配置」タグへ
  4. 配置タグ内の「文字列」をクリック
  5. クリックしてボタンの色が変われば完了
  6. あとは入力画面に戻り、好みの文字位置、セル結合等で調整し終了

Excelの縦書き文字入力方法

では早速、Excelの縦書き文字入力方法をMacとWindowsに分けてご説明していきます!

基本的に複雑な設定ではないのですぐできるはずです!

縦書き入力設定方法 Mac編

ではまず、MacのExcelで縦書きする方法の説明です。

例として使用しているExcelは「バージョン16.15 Excel for Mac」を使い説明していくので、あれちょっと違うな?と感じたら自身のExcelのバージョンを確認してみてください。

ちなみにExcelのバージョン確認方法は上部メニューバーの「Excel」という項目をクリックし1番上に「バージョン情報」があると思うのでこちらから現在のExcelのバージョンを確認することができます。

とは言っても多少のバージョン違いであれば、縦書き入力設定くらいであればほとんど操作は変わらないはずです。

以下のキャプチャー画像のようにExcelでは通常文字は横書きがデフォルトの設定となっています。

これはMacでもWindowsでも共通です。

縦書き入力設定方法 Mac編1

この横書き設定を変えることで縦書きに切り替えることができます。

まず横書きから縦書きに変更したいセルを選択し、そのセル上で右クリックし一覧のウィンドウを開きセルの書式設定をクリックします。

縦書き入力設定方法 Mac編2

「セルの書式設定」を開き上部の「配置」タブをクリック。

「配置」の設定の「文字列」を以下のキャプチャー画像のようにクリックし色が変われば縦書き設定となり文字を入力したセルが縦書きに変わります。

縦書き入力設定方法 Mac編4

縦書きに変わったことを確認し通常通り文字位置の調整やセルの結合などで自分の望みの形にもっていけば完了となります。

縦書き入力設定方法 Mac編5

縦書き入力設定方法 Windows編

Windowsの場合もMacと同様の操作で入力した文字を縦書きに変更することが可能です。

文字列をクリックするだけでOK!

文字列ボタンの横に角度調整ができるようになっていますが、完全に90度の縦書きにする場合にはここは触る必要はありません。

文字列の角度調整は斜め文字にしたい場合はここで角度調整すると楽に斜め文字入力が可能になるのですが縦書きには関係ありません!

まとめ

Excelの縦書き設定は非常に簡単な方法で変更することが可能ですが、案外忘れてしまって「どうやるんだっけなぁ」となることが多いんですよね!

表や資料を作っているとどうしても縦書きにしたい場合も出てくると思います!

そういった場合に是非役に立ててみてくださいね!

Excelは簡単なソフトだと思われがちですが、僕も全機能を把握できないくらい複雑で高性能なソフトなんですよね!

ジグ

実際30%くらいしか使いこなせてない気がするなぁ

頑張ってExcel使いこなさないとですね!

PDF簡単圧縮方法を解説!

PDFを簡単に圧縮する方法PDFをオンラインやオフラインで簡単に圧縮する方法!Mac・Windows版

おすすめ“テプラ”8選!

おすすめ「テプラ」8選!新商品・機能・価格からベストな物をチョイスおすすめ「テプラ」8選!新商品・機能・価格からベストな物をチョイス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です