おすすめ商品

GoogleHome・Miniのおすすめ使い方を解説!カスタマイズ方法も!

今回はGoogleHomeGoogleHomeMiniの比較と実際に僕がGoogleHomeMiniを2ヶ月間使ってみてのレビューとおすすめの使い方とカスタマイズ等をまとめてみました!!

購入を検討している人も購入したけど全然使いこなせていない人にも参考になれば幸いです!

GoogleHomeMini徹底解説だよ!!

「もう持ってるから比較検討の必要ないよ!」という方は比較が少し長いので、目次よりおすすめの使い方へ飛んでご覧ください!

GoogleHomeMiniとは?

近年普及したAI搭載型のスピーカいわゆるスマートスピーカー!その一翼を担うGoogleより販売されているGoogleHome

GoogleHomeMiniはGoogleHomeの小型版という位置付けで発売されたスマートスピーカーです。

さらにGoogleHomeMiniは現在通常価格から半額で販売されており普及を加速させている人気商品ですね!

今回の記事は、そんなGoogleHomeと小型版にあたるMiniの比較とおすすめする使い方をご紹介していきます!

GoogleHomeとGoogleHomeMiniの徹底比較

GoogleHomeとGoogleHomeMiniどちらを購入しようか迷いませんか?
実際、僕も購入するにあたりどちらにしようか迷い色々調べました、ということでGoogleHomeとGoogleHomeMiniの違いを徹底検証していきたいと思います!

価格比較

どうせお金を出して購入するならできるだけ自分が満足できる方を選びたいですよね!
ただコスパ重視で価格だけ見れば完全にGoogleHomeMiniに軍配が上がります。
では、価格の違いをみていきましょう!

GoogleHome 税込15,120円

最安値 税込15,120円
※2019年12月12現在調べ

GoogleHomeMini 税込6,480円

最安値 税込3,240円
※2019年12月12現在調べ

この記事を書いている時点の多分最安値となっているはずです。
価格差11,880円約5倍近くどちらかを選ぶかで金額が変わります。

11,880円の差は大きい!

というか僕がMini購入した時6,000円くらいだったんだけど・・・

先述した通りコスパ面だけでいえば完全にMiniの方がいいですが、この金額差でどの程度機能が変わってくるのか?気になりますよね!

次は機能面から2機種の違いを比べてみましょう!

機能面の比較

金額の差は一目瞭然でしたが、やはり機能面の違いが気になります!

大きさ・サイズ・重量の比較

まずは見て分かるように大きさが全然違います。

GoogleHome

全体サイズ 
直径96.4mm×高さ142.8mm

重量 
本体 447g 電源アダプター 130g

ケーブル長さ 1.8m

GoogleHomeMini

サイズ 
直径98mm×高さ42mm

重量 
本体 173g 電源アダプタ・ケーブル 約75g

ケーブル長さ 1.5m

以上が本体及びケーブルに関する違いになります。
まあ〜Miniって名前からして小さいのは当たり前ですね!しかし僕はできるだけコンパクトな物が欲しかった為Miniがベストでした!

あとケーブル長さがGoogleHomeが1.8mに対しMiniが1.5mと違います。

スピーカー性能の比較

そして1番重要視しなくてはならないであろう違いはスピーカーの性能差です!
音楽を聞くこと自体が目的で音質にこだわる人は間違いなくこの違いを比べてから購入した方がいいと言えます。

GoogleHome

2インチ ドライバ
2インチ デュアルパッシプラジエーター搭載
ハイエクスカーションスピーカー

GoogleHomeMini

40mm ドライバー採用 360サウンド

僕はスピーカーにあまり詳しくありませんが、両方のスピーカーで音楽を聞くと違いがはっきりと分かります。
音質重視であればGoogleHome一択です!僕個人的な意見ですが、ガチで音質を気にするのであればもっと良いスピーカーを選択肢に入れるかBluetoothで音楽を出力し良いスピーカーと連動させるという手もありますね!

もちろんMiniの音質でも十分音楽は楽しめます!決して悪くはないですよ!

カラーバリエーションの比較

次に比較していくのは本体のカラーバリエーションの違いです。

GoogleHome

本体カラー ホワイト
下部ベースカラー
(金属製)
スレート・カッパー・カーボン 3色

(ファブリック製)
コーラル 1色

GoogleHomeMini

チョーク・チャコール・アクア
コーラル(GoogleStore限定) 4色

リビングや寝室に置くならデザインや色合いってかなり重要だと思いませんか?
僕は仕事部屋のデスクにMiniを置いていますが、Miniを選んだ理由の1つとしてデザインと色が良かったという点です!
環境や部屋の雰囲気に合ったカラーを選べるという点では本体カラーが現状ホワイトしかないGoogleHomeはベース色だけで我慢するしかないですね!
まだ日本未発売カラーもあるようなので今後バリエーション増えるかもです。

ちなみに僕はMiniのチャコールだよ!

対応オーディオ形式の比較

次は2機種で対応しているオーディオ形式の違いを確認していきます!

GoogleHome・GoogleHomeMini 共通

ハイ レゾリューション ストリーミング対応の
(24-bit / 96 KHz)
・HE-AAC
・LC-AAC
・MP3
・Vorbis
・WAV(LPCM)
・Opus
・FLAC

対応しているオーディオ形式の違いはありませんでした。
2機種共に共通の形式に対応しています!

電源の比較

電源、いわゆる電力供給方法の比較は結構重要で2機種の使い方に差が出るように思います。

GoogleHome

16.5V、2A DC電源ジャック

GoogleHomeMini

5V、1.8A マイクロUSBポート

MiniのマイクロUSBはネットワーク環境下であれば場所を選ばずモバイルバッテリーが使えたりする魅力がありますよね!
まあDC電源だからと言って絶対無理というわけではありませんが、GoogleHomeの大きさが持ち運びに適していない気がします。

マイクロUSBポートは魅力の1つだね

2機種の比較まとめ

細かいところまで突き詰めていくとまだまだ違いはあるのですが、僕が重要と思った2機種の違いはこんなところではないかと思います!

GoogleHome GoogleHomeMini
サイズ 直径96.4×高さ142.8mm 直径98×高さ42mm
スピーカー 2インチドライバ
2インチ
デュアルパッシブラジエーター搭載
40mmドライバー採用
360 サウンド
カラー ベースのみ 4色 4色
対応形式 7形式 対応 7形式 対応
電源供給 16.5V 2A DC電源 5V 1.8A マイクロUSB
オペレーティング Android 5.0以上
ios 9.1以上
Android 5.0以上
ios 9.1以上
定価 税込15,120円 税込6,480円

 

GoogleHomeMiniおすすめの使い方

僕にとってもはや仕事環境に必須のツールとなったGoogleHomeMini
2ヶ月間使ってみておすすめできる使い方や機能をご紹介!!

GoogleHomeMiniで音楽を!!

スマートスピーカーの利用目的はやはり音楽を聴くこと!
各社音楽配信サービスと連動させ好きな音楽を聴いたり、自分好みのプレイリストを作り仕事中や学生さんなら勉強中のBGMに最高ですよね!

僕は現在、音楽配信サービスSpotifyを利用しています。
個人的におすすめなのはGooglePlayMusicですね!
各社配信サービスにはメリット・デメリットがあり配信しているアーティスト・曲に多少バラつきがあったりしますので有料版で利用する前に確認した方がいいです。

究極におすすめする利用方法は

有料版Spotifyと無料版GooglePlayMusicの組み合わせ利用

理由としては、まずSpotify有料版で音楽配信サービスをフル活用!
さらにGooglePlayMusic最大の強みである手持ちの曲を最大5万曲アップロードし保存してストリーミング・管理が可能という機能!これがなんと無料版で使用できる機能なのでビックリです!!Spotifyで配信されていない曲をこれでカバーする!聞けない曲なくなりますねw

ただ、どうしても月額有料嫌だという人はSpotifyも無料版で利用でOKでしょう!
もちろん制限は付きます!ジャンルしていのシャッフル再生のみなのでアーティストや曲を好きな時に指定して聴くという事はできないのです。

ざっくりBGM程度聞ければいいという人は無料版で全然いいんじゃないでしょうか!

高性能・高音質のスピーカーと連動させる

スピーカー性能の比較にてMiniはGoogleHomeよりも音質が劣ると書きましたが、Miniを使い良音質の音楽が聞けないわけではありません。
Miniより音質がいいGoogleHome以上の高性能かつ高音質のスピーカーなんて山のようにあります。そういったスピーカーとMiniを連動させる使い方だって出来るのです!!

以外と簡単に出来るのです!その方法は

1.MiniからBluetooh出力による対応スピーカーの連動

2.GoogleChromeCastAudioを使いスピーカーと連動させる

これらの2つの方法を用いればMiniでも高音質の音楽を楽しめます。
2番のChromeCastAudioを用いるやり方は別途初期費用が掛かる為あまりおすすめはしません。手持ちのスピーカーがBluetooh対応なら簡単に連動させる事ができます。

僕はMini単体の音質でも十分満足です!

ラジオ・ニュースを聞く

GoogleHome/Miniを使ってラジオをお手軽に聴く事もできます!

僕は音楽に飽きるとよくラジオをかけています。

とは言ってもGoogleHomeやMiniの本体がラジオ電波を直接受信するわけではないのでアプリの登録とアプリ連携によるストリーミング再生になります。

おすすめのアプリは「radiko」無料版がGoogleHomeに対応しています。
アプリをスマホにダウンロードし住んでいる地域を設定すれば、自分の住んでいる地域のラジオのみ無料で利用出来るようになります。

これで「ねえGoogle、FM◯◯かけて」などと音声操作だけで簡単にラジオが聞けます!

さらに「ねえGoogle、ニュース」というだけで最新のニュースが聞けちゃうのです!

アラーム・タイマー機能を使う

Miniの使用方法やその他口コミサイトの投稿を見てみると、目覚まし代わりにアラーム機能をよく使うという投稿の多さにビックリしました!
確かにアラームやタイマーといった機能は大変便利なものですが、今までその役を担ってきたのはiPhoneですよね!
確かにMiniはコンパクトで寝室に置いている方も多いようでMiniはコンセントから外すという事はあまりしないと思うので、充電切れなのでアラームがならないといった事もないので使い方としてはアリですね!!

スマートホームに対応している家電を操作する

スマートホーム対応の家電を音声操作する事だって出来るのです。

ただ既存の家電がスマートホーム対応でなければ操作する事ができない為、この機能は結構敷居が高く僕は使っていません。

しかしスマートホーム家電現在では結構色々発売され今後もっと増えると思われるので買い替えの際には1度検討してみるといいかもしれません!

天気予報・交通情報を確認する

天気予報はもちろん、簡単な自分の住んでいる地域の渋滞・交通情報を音声操作で教えてくれます!

正確性は微妙ですけどね・・・

リマインダー・カレンダー機能を活用する

僕の場合、仕事部屋のデスク上にあるのでリマインダーやカレンダー機能は結構使ったりしています!

ちょっとした事に案外役立つんですよねー!!

動画配信サービスとの連動

GoogleHomeはChromecastに対応しているので、NETFLIX・huluやYouTubeといった動画配信サービスの操作といった事も出来るのです。

要するに、別売りChromecastを購入しテレビに取付HDMI経由によってGoogleHomeからの音声操作が可能になるという事です!

先述した高音質スピーカーに音楽を出力する方法でChromecast経由もありますがbluetoohの方をおすすめしましたが、動画配信サービスと連動させる事も検討しているのであれば絶対に買いです!!

これで家のテレビがスマート家電化出来るので安いものだと思いませんか?
もちろんテレビのON/OFF・ボユーム操作だってできてしまうのです!!

但し、AmazonPrimeVideoやdTVの音声操作には対応していません

 

調べ物(株価・翻訳・計算)をする

株価(リアルタイムではない)や翻訳・計算なんて使い方も出来ます!

あまり使わない機能ではありますけどね・・・

 

まとめ

まだまだ細かい機能はご紹介できていませんが、面白い機能はもっとあります。

今回は、GoogleHomeとGoogleHomeMiniの比較検証と役立つ面白い機能・使い方を説明させていただきましたが、どちらを選んでも後悔はないと思います。
使用目的とこの記事を参考に選んでもらえたら幸いです!

実際僕は、散々迷い色々調べた挙句Miniを選びました。

最近フリーランスになった僕はデスクワークがほとんどで、BGM代わりにサブのパソコンでYouTubeなんかをかけていたのですが、仕事をする上で動画は集中をそがれる傾向にある気がします、いや動画が気になって仕事が進みません!

でBGMに音楽をという事でスマートスピーカーの購入を検討し、GoogleHomeMiniを購入しましたが大正解でした!!

今後さらにスマートスピーカーが普及していくと思います!GoogleHomeもアップデートされていくと思うので一家に1台いかがでしょうか?

おすすめの1台だよ!!