オススメ 製品情報はこちらへどうぞ!

iPhoneでExcel(エクセル)を簡単操作!Excelアプリ機能完全解説

iPhoneでExcel(エクセル)を簡単操作!Excelアプリ機能完全解説

今回の記事の内容は「Excelアプリ

  • Excelアプリを詳しく知りたい!
  • どういう機能が使えるの?
  • Excelアプリの有料・無料版の違いが知りたい!

Excelアプリの疑問を徹底解説!

仕事などで使う機会が多いマイクロソフトが開発・販売をしている表計算ソフトである「Excel」ですが、このExcelにアプリがあるのをご存知でしょうか?

エクセルで作った表などの書類を出先で確認するにはPDFデータにしてiPhoneに保存しておくこともできますがエクセル自体を修正や加筆することはできません。

そういったときに使えるのがExcelアプリです!

Excelアプリとは

Microsoftの「Excel」は説明不要なくらい普及しているソフトですが、このExcelをiPhoneで簡単に編集などができるアプリがあります。

これはMicrosoft純正のExcelアプリです。

Excelアプリとは

どこにいても手持ちのExcelデータやメールなどで送られてくるExcelデータのスプレッドシート、テーブル、ブックをiPhoneで管理できるようになります。

僕は営業職をしていた頃はExcelで作った価格表や資料ををPDF化して持ち歩いていたのですが、様々なExcelデータをわざわざPDFにする手間や編集ができないことを不便に思ってたんですよねー

Excelアプリ導入アカウント登録解説

iPhoneにてExcelアプリを利用するにはMicrosoftアカウントが必要になってきます。

すでにアカウントを持っている人はそのアカウントを利用することができ、持っていない人もアプリから簡単に作ることができます。

ジグ

まずは無料でDLしてみよう!

DLはこちらから

アカウント登録方法の説明です!

手順1
Excelアプリのインストール

「Excelアプリ」をインストール

 

まずApp Storeにて「Excelアプリ」をインストールします。

App内課金はありますが、基本的に無料で使えます。

※課金・無課金の違いは後述

手順2
アカウントの作成

インストールが終わりアプリを開くと「メールアドレスもしくは電話番号」を入力して登録をする必要があります。

 

アカウントの作成説明1

 

もちろんMicrosoftアカウントをすでに持っているという人は登録したメールアドレスもしくは電話番号を入力しサインインすることができます。

microsoftアカウントがない場合はアカウントを作る必要があります。

電話番号はちょっと心配という人はメールアドレスにしておきましょう!

今回はメールアドレス入力で進めていきます。

メールアドレスを入力すると「アカウントの作成」に進みます。

 

アカウントの作成説明3

 

アカウントを作る為「次へ」と進めます。

手順3
パスワード設定

次にパスワードの設定となります。

 

アカウントの作成説明4

 

パスワードは大文字・小文字・数字・記号のどれか2種類を含んだ8文字以上にする必要があるので注意してください!

パスワードを設定したら「次へ」進みます。

手順4
名前入力・メール確認

次に「お名前の入力」です。

 

アカウントの作成説明5

 

名前を入力したら「次へ」進みます。

名前を入力し「次へ」と進むと「メールの確認」となり登録したメールアドレスにメールが届くはずです。

手順5
セキュリティコード入力

届いたメール内に書いてあるセキュリティコードを入力します。

セキュリティコードは数字4桁です。

 

アカウントの作成説明6

 

セキュリティコードを入力する下の方にマイクロソフトからの製品情報やキャンペーン情報のメール受信希望のチェック項目がありますが、受信したくない人はチェックを外しましょう!

次にロボットチェックで表示されている文字の入力するとアカウント登録が完了します。

Excelアプリで使える機能

Excelアプリを入れてみたはいいけど、どういう機能が使えるの?と思っている方のために使える機能をざっとご紹介していきます!

というか結論から言うとPCでExcelを使うときと同等の機能はiPhoneでできるようになります

Excelアプリで使える機能

課金することで使えるようになる機能を説明した方が早いくらいなのでそちらの方で詳しく説明しますね!

無料で使える機能と課金で使えるようになる機能

「Excel」のアプリでは購入することで使えるようになるいわゆる課金機能があります。

無料版と有料版での機能の違いをまとめてみました。

ちなみに有料版は月額1,200円と結構高額!

ジグ

これは正直高いよね・・・

1,200円を毎月支払うということは、年間14,400円かかるということですが、問題は有料版にそこまでの価値があるのかということです!

では有料版で使える機能はというと・・・

  • グラフ関係の機能
  • ワードアートの編集や挿入
  • カラーの作成や図形への適用
  • 図形のドロップシャドウ
  • ピポットテーブルのスタイルや構成の編集機能

というのが有料版で使える機能となります。

逆を言うとそれ以外の機能は無料版で使えるんです。

グラフ関係の機能制限は少し残念ですが、その他は月額1,200円も払って拡張すべき機能ではないような気がしますねー

複雑な編集などはPCで行い外出時にExcelアプリの無料版でできる編集をするっていうのが1番お金かからないし良いと思います!

まとめ

今回ご紹介させていただいた「Excel」のアプリの他にも「Word」や「PowerPoint」といったMicrosoftのよく使われるソフトのアプリもあります。

時間を見つけExcel以外のアプリについても記事として取り上げていけたらと思っています!

仕事・プライベートでも頻繁に使われるソフトなのでいつも持ち歩くiPhoneでも活用できるとさらに使い方の幅が広がりますよ!

まだアプリを入れていないという人は是非この機会にアプリを無料で入れてみてください!

iPhoneでExcel管理ができると便利ですよ!

エクセルの縦書き設定方法解説

Excel(エクセル)の縦書き文字入力方法を簡単解説!Excel(エクセル)の縦書き文字入力方法を簡単解説!

PDFデータの圧縮方法解説

PDFを簡単に圧縮する方法PDFをオンラインやオフラインで簡単に圧縮する方法!Mac・Windows版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です