iPhone

iRing Linkレビュー!新型iRingでスマホワイヤレス充電が実現

スマホの落下防止に役立つスマホリング。

スマホリングを使うことで手からスマホを落とす確率は格段に減りましたが、背面に取り付けたリングが邪魔になってワイヤレス充電器が使えない

ワイヤレス充電器を使いたいからスマホリングは諦めてるって人に朗報です!落下防止スマホリングとワイヤレス充電器の共存が可能になる商品のレビュー記事です!

最強スマホ保護フィルムをお探しならこちらの記事へ!

iPhoneのフィルムはANKERのガラスフィルム!
iPhoneのフィルムはAnkerのガラスフィルムが最強だった!!はい!新年早々iPhoneを落として画面を割ったの僕です。 こんにちわ!ジグです! 先日、車から降りる際にポケットに入れてい...

【iRing Link】紹介

 

iRingはAAUXX(オークス)から発売されているスマホリングで、バンカーリングと肩を並べるくらい人気がある商品です。

そのiRingのワイヤレス充電に対応した「iRing Link」が登場!

iRing Linkの特徴はリング部分とベース部分がスライド脱着式になっている点

従来のiRingではリングを折り畳んでもどうしてもフラットに置くことができず、ワイヤレス充電器との相性が悪く不向きとかそういう以前の問題で本体が充電するポイントに届かず充電不可・・・

軽く5mm以上浮いちゃってます

そのワイヤレス充電器との共存を目指し登場したのがiRing Linkです。

iRing Linkはリング部分の脱着により邪魔になっていたリングの干渉を受けることなくワイヤレス充電器により充電が可能となった商品です。

iRing Link商品レビュー

発売からしばらく経過した「iRing Link」

実際に使用してみての感想やデメリットをレビューしていきます。

iRing Linkを使う前に僕が不安だった点がこちら!

使用前に気になった点
  • 脱着の繰返しによる脱着不良
  • 2パーツに分かれることで安定性の欠如

上記2点が従来のiRingからiRing Linkに変えるにあたり不安だった点なのですが、そんな心配は不要でした。

まずワイヤレス充電器を使用する際のプレート脱着の繰返しによって接合部が甘くなる経年劣化が現れるかと思ったのですが、3ヶ月使っている現状は全く問題ないです。

パーツが分離することで合体した時のスマホリングとしての安定性がグラグラと不安定になるのではないかという不安、最悪の場合外れて落下なんてことになったら終わりです・・・

安定性も問題なし!!

合体すると思ったよりガッチリとまってグラつきはありません!
ブンブン振り回しても落下しないくらい(限度があると思うので試す時は自己責任でw)しっかり固定されています。

iRing Linkちょっと気になる点

実際に使用してみて気になる点もありました。

気になる点
  • 脱着しての充電が面倒くさい
  • 外す時にコツと少し力がいる

僕はiRing Linkを使う前はスマホケースにiRingを貼り付けて使っていました。ワイヤレス充電器をその時から使って使っていたのですが、いちいちケースから外す作業をとても煩わしく思ってたんです。

そこから比べるとリングプレートを外すだけなので簡単にはなりました。

しかしケースにしてもiRing Linkにしても脱着作業というのは面倒な作業ですよね!そこがちょっと気になっている点です!

iRingのリングプレートと土台プレートを外す際ちょっとしたコツと力が必要です!グラつかず安定させるためには結合箇所をしっかりさせないといけないので仕方ないように思います。

しかしこれは完全に慣れで解決でき今は取り外すのが簡単にできるようになりました。

取り外し不要!? iRing Slide登場

iRing Linkの弱点「取り外しの手間」を解消し進化したスマホリング。

iRing Slide

この商品はリング部分をスライドさせることでiRing Linkの弱点の取り外しの手間を補った商品です。

こちらの商品はケースと一体型になっているタイプなので、ケースに入れてiRingを使っているスマホユーザーにはオススメではないでしょうか!

ケースなしタイプ iRing Slide

次の商品はクラウドファンディングで企画されたiPhoneやスマホを裸で使いたい派だけどスライド式リングが欲しいという人にオススメ商品。

iRing Slide Single

こちらは実用化に向け話が進んでいる商品なので今後発売されたら使ってみたいですよね!!

 

iRing Linkと従来型iRing比較

従来型のiRingとiRing Linkの違い

カラー・デザイン・サイズ・重さ・保証期間

をまとめるとこのようになります。

従来型 iRing スペック

カラー パールホワイト・ブラック・グレー
ローズゴールド・ゴールド
シルバー・レッド・ミントグリーン
ピンク・イエロー・ミッドナイトブルー
オレンジ 全13色
デザイン 他デザイン20種・ランドマーク14種
サイズ 幅35mm×高さ40mm
厚さ2mm(リング部含む7mm)
重さ 約12g
保証期間 1年
カラー・デザインの多さにビックリしました!

iRing Link スペック

カラー ブラック・グレー・シルバー
ゴールド・ローズゴールド 全5色
サイズ 幅35mm×高さ40mm
厚み2mm(リング部含む7mm)
重さ 約13g
保証期間 1年

iRingとiRing Linkの違いは、カラーやデザインのバリエーションがiRingの方が断然多いということぐらいで、サイズは同じ重さもたったの1gしか変わりません!

スライド脱着式がついたグレードアップ版という感じですね!

あとはカラーやデザイン重視の人にはちょっと物足りないと言ったところでしょうか。

 

iRingとバンカーリング比較

僕はiRingを使う前はバンカーリングを使用していました。

もちろんバンカーリングも人気の商品だけあり悪くない使いごごちでしたが、iRingを使いだしてからはバンカーリングを使うことはなくなってしまいました。

理由としてリング可動部の固さが一番大きな要因です。

僕の好みのリング可動部の固さがiRingの方だったということと、デザイン(リング部分含む)がiRingの方が好きだからです。

バンカーリングが決して悪い商品というわけではないので、これはもう好みですよね!!

まとめ

スマホリングの種類は数多く存在します。

いろいろ使ってみましたが、安いものはリングの可動部が甘くなりグラグラになったりすることが多いです。

その点、iRingやバンカーリングは長年使っていてもあまりグラグラするほど甘くなったりすることもなく、両面テープが外れることもない高い品質の商品です。

品質の良いスマホリングは値段もそこそこするのですが、値段の分良い材質が使われていたり両面テープも3M製の剥がし跡の残らない物を使用しています。

中途半端な両面テープを使っている商品はケースに貼る場合はまだいいですが、本体に直接貼る場合はちょっと怖いです!

取れにくく剥がした場合跡が残らない良い商品を使いたいですよね!

iRingはiPod touchにも使える!?

iPod touchとiPhoneの違いはこれだ!新型発売情報は?最近Apple製品を色々と調べていて思ったのですが 「iPod touch」ってどうなの? 最近iPod touchの最新機...

iPhoneを万が一落として故障した場合はこちらの記事も参考にしてください!

AppleCareは加入するべきか?iPhoneの保障内容を徹底解説。 故障したiPhoneの修理費用高すぎて払えない!! iPhoneの保障内容がよくわからない! AppleCareって...