オススメ 製品情報はこちらへどうぞ!

LINEスコアは本当に生活を豊かにする?どんな情報がLINEに使われる?

LINEスコアは本当に生活を豊かにする?どんな情報がLINEに抜かれる?

今年に入りちょっと話題になっていた「LINEスコア」。

2019年6月27日に開催された「LINE CONFERENCE 2019」にて正式にLINEから「LINE Score」が発表されました。

先日のYahoo!スコア導入のニュースが賛否両論だった中、今度はLINEが信用スコアサービスを開始するというのでSNSなどで話題となっています!

LINEスコアがどのようなものなのか、LINEユーザーにとってどのようなメリットやデメリットが存在するのか徹底的に解説していきたいと思います。

LINEスコアとは

LINE Score(ラインスコア)とは個人の信用度を数値化し金融や様々なサービスを利用する上での信用スコアを提供するサービスのことです。

LINEはこの「LINE Score(ラインスコア)」の発表とともに個人向けのローンサービス「LINEポケットマネー」も夏頃に開始すると発表。

要するにLINEが運営する無担保の個人向けローンの信用調査などのサービスにこのLINEスコアの信用スコアを利用していくというのです。

LINEの信用スコアは100〜1000点で算出され、このスコアに応じて様々な恩恵を受けられるとされています。

ジグ

これはYahoo!スコアの時と同じですね!

ちなみにこの「LINEスコア」はLINE Financialみずほ銀行オリエントコーポレーションの3社による合弁会社LINE Creditが提供するスコアリングサービスになります。

LINEスコア導入によるユーザーへの影響

LINEスコアの導入にあたり利用するユーザーへの影響、つまりメリットと言える恩恵についてや反対にどのようなデメリットがユーザーにあるのかを詳しく解説していきます。

LINEスコアのメリット

LINEスコアがユーザーにもたらすメリットと言える恩恵はいくつかあります。

まずLINEスコアと同時に発表された個人向けローンの「LINEポケットマネー」での恩恵を受けられるようになります。

このLINEポケットマネーはLINEスコアの数値に応じて貸付金利が変動します。

要するにLINEスコアの数値が高ければ高いほど貸付金利が優遇されるという仕組みになると思われこれが変動型と言われているのだと思います。

LINEスコアが高ければメリットはこの他にも様々あると言われています。

例えば

  • 他社のサービスを安く利用できるクーポン
  • LINE Payの利用ポイント付与率のアップ

あとLINEスコア開始記念としてこのスコアリングサービスを利用したユーザー向けに車や高級アクセサリーなどのレンタルなどのサービスを行うと発表されています。

以上が挙げられますがこの他にも色々と出てきそうです。

LINEスコアのデメリット

では反対にLINEスコアの導入でユーザー側にどのようなデメリットが出てくるのかを見ていきましょう!

1番のデメリットとして挙げられることは

個人情報の流出の危険性じゃないかと思います。

LINEスコアの算出の為に使われるデータにはどのようなものがあるのかは後述しますがこれらの情報が流出する可能性は0ではないということも考えなければなりません。

確かにこれまでLINEが事故による個人情報流出はないにしても個人を狙った情報流出はあとを絶たないという事例もあります。

ただYahoo!スコアも今回のLINEスコアに関してもユーザーの同意のもと作成されるものであり勝手に使われるといったことはないので利用したくない人にとっては助かります。

ジグ

Yahoo!スコアの場合デフォルトで作成設定になっているいやらしいシステムでしたけど・・・

まぁ要するに少しでもデメリットがあるなと思えば利用しなくてもいいわけであってそんなに心配するものではないということですね!

LINEにどのような情報が使われる?

このLINE Score(LINEスコア)に使われる情報は、LINEのプラットフォーム上の行動傾向やLINEスコアを利用するにあたっての質問アンケートの回答などが使われるとされています。

もちろん公表されていないような算出基準も多々あると予想できます!

ちなみにLINEのトークや通話の内容といった情報は暗号化されておりLINEスコアのスコアリングの対象にはならないと言われています。

ジグ

もちろんこんな情報まで使われたらたまったもんじゃありません!!

まとめ:LINEスコア

いよいよ信用スコア社会へ加速して行っている感じですね!

中国では早々とスマホ決済「アリペイ」より算出される「芝麻信用」という信用スコアが利用されており中国は日本よりも信用スコア社会が確立されていると言ってもいいくらいです。

僕はあまり信用スコアによるサービスの普及はよろしくない気がしています。

これは低スコア者と高スコア者を差別とまではいかないにしても区別して高スコア者を優遇しますよ!というシステムなわけです!

低スコアになるのは日頃の行いのせいで自業自得という意見を言われてしまうと元も子もないのですが・・・

しかし僕と同じような意見を持っている人が多いからこそ、ネットやSNSで論議されていると思うんですよねー

これまでNTTやYahooさらに今回のLINEによるスコアリングサービス参入にあたりこれからどうなっていくのか非常に注目ですよね!!

強いようで気にもなるのが正直なところです。

ZOZOTOWNの無料足サイズ測定ツール!

ZOZOMATの3D計測で完璧な靴選びが実現!無料でもらえる先行予約開始ZOZOMATの3D計測で完璧な靴選びが実現!無料でもらえる先行予約開始

最強のスマホ画面保護フィルムはこれ!

iPhoneのフィルムはAnkerのガラスフィルムが最強だった!!iPhoneのフィルムはAnkerのガラスフィルムが最強だった!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です