オススメ 製品情報はこちらへどうぞ!

MacのWi-Fiが切れやすい!頻繁に接続が不安定になる原因を解消

MacのWi-Fiが切れやすい!頻繁に接続が不安定になる原因を解消

MacBooKでネットを使っているとWi-Fiが切れやすいと感じることないですか?

僕の場合、MacBooKProを使っているのですが、OSなどのアップデート後Wi-Fiが途切れやすい症状が出てしまうとと感じます。

もちろん違う要因の可能性もあります。

ヨメ

ネット使っている時Wi-Fiが切れやすいとイラッとするよっ!

ということで少しでもMacBooKのWi-Fiを安定させる為に原因と対処をしていきましょう!難しい設定ではないので是非試してみてください!!

MacBookのWi-Fiが頻繁に切れてしまう原因と対処

では早速MacのWi-Fiが不安定になる現象を改善していきましょう!

今回ご紹介する対処法は2種類の方法があります。

環境や状況などに応じて対処法を選んで試してみてください!

BluetoothがWi-Fiに干渉している可能性も!その対処法

BluetoothがWi-Fiに干渉している可能性もある

BluetoothがWi-Fiに干渉して接続が不安定になるという問題を引き起こす場合もあります。

その場合はBluetooth機能を1度OFFにするとWi-Fiが安定する場合があります!

MacBookのBluetooth機能をOFFにする設定はこちら!

手順1
Bluetooth機能OFF設定方法

Macbookシステム環境設定へ

上部バーのアップルマークから【システム環境設定】へ移動します。

手順2
【Bluetooth】へ移動

BluetoothをOFFにする

【システム環境設定】内の【Bluetooth】へ移動します。

手順3
BluetoothをOFFにする。

画像のように【Bluetooth】をOFFにして完了です。

これでBluetooth機能をOFFにすることができます。

しかしBluetoothをOFFにすることでWi-Fiへの干渉は無くなりWi-Fiが切れやすいという問題も解決するかもしれませんが、また違う問題が発生してしまいます。

次にBluetoothをOFFにすることで起こる問題点と別の方法について説明していきます!

Bluetoothを【切】にする注意点

BluetoothのWi-Fiに干渉させない為にBluetoothを切ることは有効なのですが、いくつか問題があります。

常時Bluetooth機能を使っていないMacBookユーザーは問題ありませんが、Bluetoothを使っている人にとっては問題なのです。

何が問題かというと

Bluetoothを切断するとBluetoothワイヤレス周辺機器が使えなくなるということです。

Bluetooth用のワイヤレスマウスやキーボードが使えなくなるのは問題です!

というかMacBookは基本的にすべてを無線で補完しようとしているデバイスなので、Bluetoothが使えないということは致命的です。

ヨメ

買い替えるのもなんだか釈然としないよ!

システム環境設定の変更でWi-Fiを安定させよう!

次に説明するWi-Fiが切れやすい問題の対処法は、MacBookでワイヤレス周辺機器をBluetoothで使用している場合にBluetoothを切れない人は試してみる価値があります。

Wi-Fiの安定も大事だけどワイヤレスの周辺機器も大事!!

ジグ

僕はこの方法でWi-Fi問題を改善しましたよ!

では対処法の説明にいきます!!

まずネットワークの確認から行います。

手順1
まずは【システム環境設定】へ

Bluetooth設定と同様に上部メニューバーのアップルマークから【システム環境設定】へ移動します。

手順2
【ネットワーク】へ

ネットワークへ

次にシステム環境設定内の【ネットワーク】へ移動します。

手順3
【ネットワーク】から【詳細】へ

【ネットワーク】へ移動したら右下の【詳細】をクリックです。

手順4
Wi-Fiの設定を確認

ネットワークを記憶するにチェック

【詳細】に移動したらまず【Wi-Fi】の項目にある【このコンピューターが接続したネットワークを記憶】にチェックがあるか確認しましょう!

チェックが外れている場合はチェックを入れてください。

手順5
【TCP/IP】の設定

Wi-Fiをリンクローカルのみに

次に【TCP/IP】の設定を行います。

【TCP/IP】項目のIPv6の設定を【リンクローカルのみ】に設定します。

以上で設定は完了です。

この設定によって「IPv6」のトラフィックがローカルネットワークに制限されるのでネットワークで問題の発生するリスクを低減します。

MacBookのWi-Fiが安定しない原因

Wi-Fiが安定しない原因

MacBookのWi-Fiが安定しない原因はいくつか考えられます。

その原因をいくつか挙げると・・・

ファームウェアもしくはドライバが原因

無線ルーター(親機)のファームウェア(制御ソフト)とルーターに接続する機器のドライバのバージョンアップは別々にされます。

この両方の機器のバージョンに開きがあると不具合の原因になる可能性もあります。

電波干渉が原因の場合

先ほど説明したBluetoothなどがWi-Fiに影響を及ぼす可能性があるということです、電波干渉はBluetoothだけが原因だけではないですが特定には骨が折れます。

MacBookでネットを使っているとき特定の別の機器を使っているとWi-Fiが不安定になることはありませんか?例えば電子レンジ等です。

このようにWi-Fiに干渉してくる電波を見つけ出すことが必要です。

建物自体や建材が原因の場合

例えば自分の住んでいる家の特定の場所でWi-Fiが不安定な場合は家の構造、例えば使っている建材や部屋によって電波が遮られている可能性があります。

この場合の対処法は無線LAN中継機の使用が効果的な対処となります。

このようにWi-Fiが不安定になる原因はいくつかありその1つずつの要因を潰していく必要があると思います。

今回ご紹介した対処法は、僕自身のWi-Fi環境の改善に繋がったのでとてもおすすめです!

ジグ

一度試してみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です