オススメ 製品情報はこちらへどうぞ!

PDFをオンラインやオフラインで簡単に圧縮する方法!Mac・Windows版

PDFを簡単に圧縮する方法

アドビシステムズが開発したPDF(ポータブル・ドキュメント・フォーマット)の活躍の場は多く、その用途は多岐にわたり愛用され続けています。

このPDFを圧縮する方法をご紹介します。

PDFファイルはあらゆる形式から生成することができる電子上の文章に関するファイルフォーマットですが特徴として次のことが挙げられます。

  • 異なるPC環境下でもレイアウト通りの表示・印刷可能
  • あらゆる形式からの生成が可能
  • スマホやタブレットというマルチメディアに対応

仕事面では見積りなどの資料をメールで送る際1番よく使われているのが、このPDFというファイルフォーマットではないでしょうか。

もちろん文章などのデータ以外にもデザイン関係の様々なビジュアルをPDF化して送るという感じで使われることも多いと思います。

ジグ

Aiを持っていない相手にデザインを見せる際にも役立っています!

しかし、これらのPDFファイルをメールで送ろうとした時に容量が大きすぎて相手に送ることができないというトラブルにあったことはありませんか?

宅ファイルなどの外部ストレージ機能を利用するといった方法もありますが、無料で使える容量には限りがあります。

そういう時に知っておきたいPDFの容量を圧縮する方法を説明していきたいと思います。

PDFファイルの容量を圧縮する方法

PDFを圧縮する場合、MacユーザーとWindowsユーザーで別々の方法や共通で使える方法が様々あります。

全てを網羅しようとするとキリがなくなってしまうので、各ユーザー別にPDFを圧縮するポピュラーな方法をパターン別にご紹介していきます!

Macユーザーの場合のPDF圧縮方法

まずMacユーザーの場合のPDF圧縮方法から説明します。

Macの場合はPDFを圧縮するのはとても簡単でもちろん無料でできる方法です。

その方法とはMac純正の「プレビュー」を使ってPDFを圧縮させるというもので、基本的に記憶領域の節約という点でも使われることが多いです。

手順1
「プレビュー」を使った圧縮方法

まず圧縮したいPDFを「プレビュー」で開きます。

圧縮したいPDFを右クリックで「このアプリケーションで開く」でプレビューアプリケーションを選択すると簡単に開くことができます。

 

Macユーザーの場合のPDF圧縮方法1

手順2
「プレビュー」の「ファイル」から書き出し

「プレビュー」から圧縮したいPDFを開いたら上部メニューの「ファイル」より「書き出す」を選択したください。

 

Macユーザーの場合のPDF圧縮方法2

手順3
圧縮する為の書き出し設定

書き出すを選択すると書き出し設定が出てきます。

設定画面になったら圧縮するための設定をしていきます。

まず圧縮するオリジナルのPDFデータを残したいのであれば「書き出し名」は別の名前を付けておいて置き換えにならないようにしましょう!

次に設定するのが「Quartz フィルタ」です。

Quartzフィルタを「Reduce File Size」に選択し「保存」を押せば完了となります。

 

Macユーザーの場合のPDF圧縮方法3

手順4
実際に圧縮されているか確認する

「プレビュー」を使ってPDFファイルを圧縮したらちゃんとデータが圧縮されているか確認してみましょう!

確認方法は圧縮したPDFを右クリックで「情報を見る」から詳細なファイルの情報を確認することができるのでオリジナルと比較してみましょう!

僕が実際にイラストレーターで作ったデータをPDFにて書き出すと約407KBになり、それを「プレビュー」で圧縮すると約30KBまで圧縮することができました。

 

Macユーザーの場合のPDF圧縮方法3

約70%のファイル圧縮ができていますね!

1つのデータでは大したことのないデータの大きさかもしれませんが、塵も積もればでこういうデータが溜まってPCの容量を圧迫することもありますからね!

1つのデータでは大したことのないデータの大きさかもしれませんが、塵も積もればでこういうデータが溜まってPCの容量を圧迫することもありますからね!

このように「プレビュー」を使って簡単にPDFを圧縮させることができます。

ヨメ

PC容量が気になるなら外付けHDDもオススメだよっ
【I-O DATA HDPX-UTSレビュー】外付けHDDがMacbookに合う【1TB・2TB】【I-O DATA HDPX-UTSレビュー】外付けHDDがMacbookに合う【1TB・2TB】

ただし、この方法には注意すべき点もあります。

それは、「プレビュー」を使ってPDFファイルを圧縮させると元データ要するにオリジナルよりも品質が低下してしまう場合があるということです。

以下はPDFデータのオリジナルと圧縮後のデータの比較です!

PDFオリジナルと圧縮の比較

ネットにアップロードしている時点で圧縮を繰り返している為少し分かりづらいかもしれませんが、PC上で拡大してみるとやや画質が荒れているのが分かります。

印刷に使うデータとしてはちょっと問題かもしれないので、画像や写真といったデータを「プレビュー」で圧縮する場合は注意したいですね!

データ品質の低下は避けたいという人は別の方法もあるので読み進めてください!

Windowsユーザーの場合のPDF圧縮方法

WindowsでのPDFを圧縮する方法はいくつかあります。

その方法は無料のフリーソフトを使った方法やオンラインサービスを使ったクラウド型の圧縮方法などがあります。

中でも1番スタンダードな方法は「Adobe Acrobat」を利用してPDFファイルを圧縮する方法です。

PDFを圧縮するにはAdobe Acrobatのスタンダード版ではなくPROシリーズでなくてはなりません!

オススメはAcrobat Pro DCです。

1週間の無料体験期間が利用でき実際の使用感も確認できるので是非試してみてください!

Acrobat Pro DCを無料で体験

この「Acrobat Pro DC」を利用すれば簡単にPDFを圧縮することができます。

オプション設定の「Acrobat Disttiller」からファイルの最適化設定(圧縮)をすることができ、この機能はOffice系のExcelやWordから仮想プリンタを利用しPDFで出力する際も圧縮された状態でPDFにすることができます。

ちなみに公式で購入するよりAmazonで購入した方がお得です!

あとはフリーソフトを使ってPDFを圧縮する方法もありますが、いくつか利用したことがあってどれも圧縮後のPDFがオリジナルよりかなり劣化してしまう結果でした。

中にはもっと高性能なフリーソフトもあるかもしれませんが、僕は正直なところあまり信用していません。

各ユーザー共通!外部サービスを利用した圧縮方法

MacやWindowsユーザーが共通で利用できる外部サービスのオンラインによるクラウドサービスを利用したPDF圧縮方法という便利なサービスもあります。

いくつかサービスをご紹介!

PDF Compressor

PDFを圧縮できるオンラインサービスでもポピュラーなのが、「PDF Compressor」というサービスです。

オンラインでサーバーにアップロードしてPDFを圧縮させる方法ですが、サンプルのPFFデータ(イラスト)を試したところ97%の容量を圧縮させることができました。

PDF CompressorでPDFを圧縮

オリジナルデータよりも劣化してしまうのではないかと懸念される問題ですが、圧縮後のデータを拡大してみたとこと劣化はほとんど感じられませんでした。

他の無料で使えるオンラインサービスではオリジナルのデータにもよりますが、1番圧縮率が高いサービスのような気がしますね!

圧縮率が高くデータの劣化を軽減しているあたり利用している人が多いサービスだということが分かる性能の高さです!

Smallpdf

この「Smallpdf」はPDFの圧縮だけではなくPDFをJPEGやExcelといった形式へと変換できるという機能も兼ね備えている万能なサービス。

Smallpdfを使ってPDFを圧縮

こちらもオンラインサービスとなっており、クラウドにアップし圧縮する方式で無料で使用することができます。

しかし無料で使用する場合は制限があり1時間に2回という回数制限があり、有料版に移行すると制限が解除されます。

こちらもサンプルデータを圧縮したところ約90%の圧縮をすることができました。

オリジナルのデータと比べてみても劣化はほとんどないと感じましたよ!

有料版は14日間の無料期間が設けられていてその後、年間12,150円の利用料金となっています!月々にすると1,013円といった感じですね!


紹介したオンラインサービスを利用してPDFを圧縮させる「PDF Compressor」や「smallpdf」などのサービス以外にも探すと結構あります。

これらは基本的に無料で使用することがあります。

でもオンラインサービスを使うにあたって注意しておかなければいけない点もあります。

それはオンラインサービスを利用しクラウドにPDFをアップロードしなければ圧縮できないということ、要するにアップロードしたPDFの情報流出などの懸念があるということ。

サービスを提供している運営側の規約や解説では、アップロードしたデータは一定時間後に消去されると記載されてはいますが不安は残ります。

よっぽどのことがない限りデータ流出はないと思いますが、どうしても人に見せたくないような情報が記載されているようなデータは万が一に備え避けた方が無難な気がします。

ジグ

大事な情報のアップロードは避けたいね!

まとめ:PDF圧縮方法

MacとWindowsによるPDFを圧縮する方法のご紹介でした。

PDFを無料で圧縮したい場合は、Macユーザーであれば「プレビュー」を使った圧縮方法を使いWindowsユーザーであれば外部サービスやフリーソフトを利用する。

安心安全に重要書類や画像データなどを圧縮したい場合は、アドビシステムズ純正のAdobe Acrobat PROを有料で使うといった方法になります。

大した情報や万が一流出しても問題ないようなデータであればオンラインクラウドサービスでのPDF圧縮がオススメです!

今回ご紹介した方法はどれも圧縮後のデータの劣化は低めだと思うので状況に応じた運用をしていけば完全にお金をかけず利用もできちゃいます!

PDFはよく利用するフォーマットの1つなので賢く運用したいですね!

Macよくあるトラブル!

Macの文字入力(変換)が遅い原因を解決する方法!タイムラグ完全解決Macの文字入力(変換)が遅い原因を解決する方法!タイムラグ完全解決

WiFiが途切れやすい問題を解決!

MacのWi-Fiが切れやすい!頻繁に接続が不安定になる原因を解消MacのWi-Fiが切れやすい!頻繁に接続が不安定になる原因を解消

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です