オススメ 製品情報はこちらへどうぞ!

寝違いを治すために!首や背中が痛い寝違いの原因と正しい予防法を知ろう!

朝起きたら「あっ、首痛い!寝違えた」

首を動かすと痛いし仕事や車の運転にも差し支えて最悪ですよね!

[chat face=”5f7b634df0bc648dbe488cf498bdab8f-1.png” name=”” align=”left” border=”blue” bg=”blue”]首が痛いと1日憂鬱です・・・[/chat]

そんな「寝違い」の首の痛みの正しい対処法と原因を知りましょう!痛めた首をぐりぐり回してストレッチしている人いませんか?

間違った対処をすると治りが遅くなり、最悪悪化してしまうなんてことがあるのでぜひ読んでみてください!!

寝違いの原因

「寝違い」の治し方や予防方法を知る前に、寝違いの原因やメカニズムを知っておきましょう!原因を知ることも予防法方の1つです!

寝違えとは

睡眠中に無理な姿勢を取ったり、無理な首の動かし方をすることで首の筋肉に負担がかかり、筋違えを起こし筋肉痛に似た痛みが生じる症状の事。

一種の結合織炎と考えられている。

Wikipedia参照

寝違いの主な原因はいくつかあると考えられています。

その幾つかの要因や原因を挙げていくと!

睡眠中の無理な姿勢

[jin-img-shadow]

[/jin-img-shadow]

寝違いのほとんどの原因は睡眠中の長時間にわたる無理な姿勢が固まった筋肉に負担をかけてしまっていることが原因です。

寝違いの症状は軽微なものから首が全く動かせなくなる痛みを伴うものまであり、非常に辛い思いをしますよね・・・

特に寝相が悪い人は要注意です!寝相が悪く筋肉に負担をかけるような体勢で寝続けるのだけは避けたほうがいいですね!

枕の硬さや高さが自分に合っていない

[jin-img-shadow]

[/jin-img-shadow]

睡眠において枕というのは非常に重要な要素の1つです。

人は寝ている時に頭にかかる負担は体重の1割ということが言われています。体重50kgの人であれば約5kgの負担がかかっているということです。

その頭や首を支えるのが枕であり、自分に合った枕を使用しないと寝違いを起こしてしまうというのは頷けます。

高い枕が好みの人や低い枕がいいという人、それぞれの硬さの好みもありますが、寝やすい=自分に合っているではないので注意が必要です。

旅館やホテルに泊まった時、ふかふかの枕で気持ちがいいけど枕が変わったせいか寝違えたという話はよく聞きます。

[chat face=”5f7b634df0bc648dbe488cf498bdab8f-1.png” name=”” align=”left” border=”blue” bg=”blue”]僕は枕が変わると寝違います・・・[/chat]

慢性的な肩こりが原因

[jin-img-shadow]

[/jin-img-shadow]

慢性的な肩こりから寝違いになりやすいという話もあります。

慢性的な肩こりが原因の場合は、その肩こりを根本的に解消してあげることが重要と言えます。デスクワークが多い人、スマホ操作で長時間下を向いている人なんかは肩こりや姿勢が悪くなるので注意してください。

飲み過ぎによる寝違い

飲酒して酔っている場合や体が疲れている状況では人は同じ体勢で寝続けてしまいます。要するに寝返りをあまりしないということです。

寝返りなしで無理な体勢で寝続けることによって寝違いを起こします。

https://www.zig-blog.com/entry/alcohol

 

それでも治らず症状がひどい場合は整体に行ってみて相談してみるというのも1つの方法です!プロの意見を参考にして寝違いの原因となるものが分かるかもしれません!

寝違いの治し方 ストレッチは間違い!?

起きたら「あっ!寝違えたっ」と思って痛みを堪えて無理にストレッチや運動は逆効果になる場合があります。

僕も実際首をグリグリと回しストレッチをして早く治そうとしていましたが、寝違いは炎症なのでこれは寝違いを長引かせ悪化させてしまうらしいのです。

では寝違いはどう対処すべきか?

  • 冷湿布で冷やす
  • 過度に首を動かさず安静にする

安静にするのは当然なんですが、痛みがある部分を冷やすというのも効果的です!しかし氷などで過度に冷やすのは治りを遅くするため注意です。

また温湿布も寝違いは炎症なので悪化する恐れがあるので逆効果です。

 

寝違いの予防方法

[jin-img-shadow]

[/jin-img-shadow]

自分に合った枕を探そう

悪い寝相を治すというのはちょっと難しいですが、自分に合った枕を使うことで多少の寝違い改善やイビキ・肩こり改善ができるようになります。

[chat face=”e21596b55441949e4143ac7ae96c6a5b.png” name=”” align=”left” border=”blue” bg=”blue”]枕一つで睡眠の質は向上しますよ![/chat]

人間は1日24時間のうち3分の1を睡眠に充てている為いい枕を使いたい。いい睡眠は寝違いの改善だけでなく疲れを次の日に残さないというメリットもあります。


寝る前のストレッチ

寝違いになった場合は安静にしているのが1番ですが、寝違いを予防するという場合において寝る前の軽いストレッチは非常に効果的です。

知り合いの整体師さんに聞いたところによると、ストレッチをすることによって普段使わない筋肉を使うことで寝違いの予防に多少影響が出ますよ!ということでした。

まとめ

僕は寝違いの正しい対処法を知るまでは強引に痛みを堪えてぐるぐる回した方が早く良くなるんじゃないかと思ってました。

今後は冷湿布を使って安静にすることにします!

あとは動画を貼りましたがヨガやストレッチを日頃からすることによって、少しでも寝違いや筋違いになりにくい体作りも大事な事だと実感!

僕は寝違いになりやすい(寝相が悪い)ので実践して様子を見てみる事にします!

なんとか寝相の方も改善していけたらいいなーと思うのですが・・・

https://www.zig-blog.com/entry/2017-12-02-230000

https://www.zig-blog.com/entry/2017-11-22-150000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です