オススメ 製品情報はこちらへどうぞ!

ネタバレ注意!新海誠作品【天気の子】感想・評価:君の名は超えなるか!

ネタバレ注意!新海誠作品【天気の子】感想・評価:君の名は超えなるか!

こんにちはジグ(@zigblog)です!

本日公開の“天気の子”観てきました!!

新海誠監督の前作「君の名は。」は大ヒットもあり今作「天気の子」非常に楽しみだったんですよね〜

今回の記事は“天気の子”の作品ネタバレになるような感想や解説を多く含んで(むしろ全開です)います。

一応配慮をしているつもりですが、作品を未鑑賞の場合はご注意ください!

鑑賞済みの人やネタバレ気にしないという人は最後まで読んでみてくださいね!

【映画】天気の子 作品情報

では“天気の子”の感想や評価に行く前に作品情報(あらすじ・声優・スタッフ情報など)を少しおさらいしておきたいと思います。

天気の子:あらすじ

STORY

 

「あの光の中に、行ってみたかった」

 

高1の夏。
離島から家出し、東京にやってきた帆高。

 

しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。

 

彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。

 

そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。

 

ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜。

 

彼女には、不思議な能力があった。

 

引用;天気の子 公式HPより

【映画】天気の子 作品情報

キャスト(声優)・スタッフ

“天気の子”声優陣
森嶋帆高 役 醍醐虎汰朗
天野陽菜 役 森七菜
須賀圭介 役 小栗旬
夏美 役 本田翼
冨美 役 倍賞千恵子
天野凪 役 吉柳咲良
安井 役 平泉成
高井 役 梶裕貴

主要キャラクターたちの声優がほとんど芸能人で俳優や女優と聞いた時は、ちょっと愕然としましたね・・・

女優や俳優で声優をうまくこなすって人もいますが、声優が合っていないの場合の多くは作品をぶち壊してしまうというリスクを伴うんですよね!

洋画などの場合は字幕で日本語吹き替えを観なければいいだけなのですが、アニメの場合はそういうわけにもいきません。

ジグ

声優陣の出来に関しては感想でお話するよ!
スタッフ
監督 新海誠
脚本 新海誠
原作 新海誠
製作 市川南
川口典孝
製作総指揮 古澤佳寛

新海誠監督は本当にお天気関係が好きですよね!

雨の描写や背景に定評がある新海誠監督ですが、“天気の子”を見る前は個人的にキャラクターのデザインがすごく気になりました。

キャラクターのデザインて感情移入できるかどうか非常に大事なところだと思うんですけど皆さんはどうでしょう?

“天気の子”レビュー感想・評価(ネタバレあり)

ではここからネタバレ全開の“天気の子”の感想と評価について語っていきたいと思います!

Twitterでつぶやかれている前情報では、最近見た“トイ・ストーリー4”並みに不評と言うコメントが多い気がしますが個人的意見でお話していきます!

“天気の子”レビュー感想・評価(ネタバレあり)

以下ネタバレ注意です!

ストーリーの感想

まずはストーリー面の感想からいきますね!

“君の名は。”から見ると不評という声も多い気がするのですが、僕自身結構好きな作品でしたね!

家出した主人公や母を亡くしたヒロインと弟の未成年の2人暮らし、拳銃や水害と暗い感じの要素が多いにも関わらず作品の雰囲気はそこまで暗くしない展開もよかった気がする。

ちょっと色々なことを詰め込みすぎた感はあるけど・・・

正直なところ拳銃のくだりはいらないと思う。

あと帆高に対し陽菜が年を18歳になると偽った事の意味を見出せないでいましたが、そこに深い意味はあったのでしょうか?

ラストは新海誠監督が好きなバットエンドかハッピーエンドかよく分からないような終わらせ方とは少し違って主人公の帆高と陽菜にとってはハッピーエンドだったと思います。

陽菜が戻ってこれたのは、帆高の願いと陽菜の母親が助けてくれたのではないかというのが個人的な見解です。

その根拠は、まず物語冒頭での病室のシーンで母親が腕に身につけていたアクセサリーですが、その後はこのアクセサリーは陽菜が首に付けています。

そして2人が屋上の神社に戻って倒れているシーンでは、その首につけたアクセサリーの紐が切れているのに気づきましたか?

身代わりお守り的な役割だったのではないかと思います。

これを裏付けるのが前作の主人公の祖母である冨美のセリフです。

彼岸のくだりでの発言ですね!

そして2人の再会という終わり方で良かったとつくづく思う。

欲を言えば主人公の帆高のラストのセリフは「大丈夫」ではなく別の言葉にして欲しかったと少し残念な気がしましたね!

陽菜が聞きたかった言葉は「大丈夫」だったのかな?

とか考えてしまいました。

これらの事を除けば文句はないという作品でした!

前作「君の名は。」との関連性

そしてまさかの「君の名は。」キャラの総出演!

「君の名は。」では新海誠監督の過去作品である「言の葉の庭」のヒロインであるユキノこと雪野百香里がユキちゃん先生として三葉の学校の先生役で登場しました。

今作“天気の子”でも必ず“君の名は。”からのキャラクターが登場すると思い目を凝らしていたのですが、全く凝らす必要ないくらい堂々と登場してました。

“君の名は。”からの登場人物を少しまとめました。

「君の名は。」からの登場人物一覧
立花 瀧(瀧くん):前作主人公
晴れにして欲しいと依頼してきた冨美の孫として登場
宮水 三葉(みつは):前作ヒロイン
帆高が指輪を買った宝石店の店員として登場
宮水 四葉(よつは):三葉の妹
陽菜が人柱になり一気に晴れるシーンで登場
勅使河原 克彦(てっしー):三葉の友人
序盤エレベーターシーン・フリマのシーン
名取 早耶香(さやちん):三葉の友人
序盤エレベーターシーン・フリマのシーン

ちなみに“てっしー”と“四葉”は僕自身未確認の情報です。

他にも出演者がいるかもしれませんね!

分かる方教えてくださいー

ここまでが“君の名は。”からの登場人物の情報ですが、ちょっと安売りして出演させすぎ感が否めない・・・

ジグ

堂々と登場させすぎでしょう・・・

こういうのは分からないように主要キャラのみサラッと出演させるくらいがいいのでは?と思うのですが、「あっ!」とはなるのでいいとしましょう!

天気の子の声優陣の印象

はっきり言わせてもらいます。

須賀圭介役の小栗旬は受け入れ難し!!

個人的にあれはダメ!

声もあんまりキャラクターの印象と合っていないと感じ、かなり良い役どころなのに台無しといった感想です!

ジグ

話題作りの芸能人声優起用で作品壊しはやめていただきたい!

須賀役はできれば平田広明さんとかちょいワルオヤジ的な声優さんが良かったなーと思います。

あと平泉成と本田翼も微妙でしたが及第点といったところでしょうか。

僕はアニメや映画の吹き替えはやはりプロの声優さんを使ったほうが良いと思っているのですが話題作りのため芸能人を起用するのは仕方ないんでしょうかねー

「君の名は。」と比べると

あれだけ大ヒットした“君の名は。”の次の作品という事もあってセオリー通りなら、大ヒットの作品のあとは駄作が多いという印象。

楽しみにしていたのは本当ですが、期待はあまりしないようにしていました。

しかし天気の子観終わって君の名は。並にいい作品だと思いましたね!

新海誠の次回作に期待

ジブリ作品のように新海誠作品もこれから定期的に発表されていくと思うのですが、次作もきっと雨や空背景を前面に押し出した作品になるんでしょうね!

作画の綺麗さも大事ですが、ストーリーに重きを置いて制作していってくれると期待したいですよねー!!

次回作は雨のシーンと“天気の子”キャラ登場は間違いないと予想w

 

 

 

天気の子“口コミ”まとめ

天気の子“口コミ”まとめ

“天気の子”は“君の名は。”以前の新海誠作品のファンには刺さる作品
男性:Twitterより

一流の大人達が作った学生の卒業制作みたいな映画。
つまり、最高でした!

男性:Twitterより

陽菜さん可愛すぎる!RADWIMPSの神曲すぎ!
明日とりあえずもう1度観に行きます!
女性:Twitterより

断然「君の名は。」の方が面白い!
ポニョ感が強くて最後はハクと千尋だった。
女性:Twitterより

須賀さんの涙で感極まりました。
年取ると大切なものの順番入れ替えられなくなる沁みた!
男性?;Twitterより

Twitterでは面白かったという意見が増えてきた印象です!

「君の名は。」は1度忘れ先入観なしで観てもらいたい作品。

僕的にはオススメできるアニメ映画でした。

新海誠:おすすめ作品

トイストーリー4 作品レビュー

トイ・ストーリー4感想レビュートイストーリー4の評価は?満足度70%酷評レビュー多数!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です