オススメ 製品情報はこちらへどうぞ!

WordPressの記事を簡単エクスポートで別ブログに移行する方法を解説

ブログ間の記事の移動方法

こんにちはジグ(@zigblog)です。

ブログをいくつも運営していると力を入れているメインのブログと今はもうあまり力を入れていない過去に作ったブログが結構あったりします。

ブログを複数持つとリスクヘッジにもなりますが、明らかにこれは見込みがないなというブログが出来上がってしまうこともしばしば・・・

そういうもう更新していないようなダメなブログであっても記事数をある程度入れていると中にはアクセス数を稼いでいる記事というのが出てきたりするんですよねー

ジグ

更新していないブログでも維持にお金がかかるんだよねー

できれば運営をやめたいブログですが、アクセス数を稼いでいる記事があるからもったいないような気もしたり・・・

今回はそういうブログから記事を抜き出し別のブログへと記事を移行する方法を解説していきたいと思います。

記事を別のブログに移行【準備編】

ブログ間の記事の移行を行う前にまずやっておかなければならない準備の説明からはじめます。

まず最初に移行前(移行元)のブログのWordPressにプラグインを入れます。

そのプラグインが「DeMomentSomTres Export

WordPressには元々記事をエクスポート・インポートできるツールがありこの機能のみで記事を移行させることもできます。

しかし純正のツールはインポートするとき記事のアイキャッチがうまく反映されないなどと面倒が多いのです。

数記事程度のブログ間移動であればまだいいのですが、結構記事がある場合なんかはアイキャッチなどの画像を再設定したりという作業はできればやりたくありませんよね!

それをプラグインの「DeMomentSomTres Export」を使いカバーしていきます。

ジグ

これで画像ソースの置き換えなどもバッチリカバーだよ!

プラグイン「DeMomentSomTres Export」導入方法

説明不要かと思いますが一応プラグインの導入方法から解説します。

不要な方は次のプラグインの設定まで飛ばして読んでください!

このプラグインは移行元のWordPressに入れます。

手順1
プラグイン導入手順①

プラグイン導入手順説明1

WordPressの「管理ページ」から「プラグイン」の「新規追加」へ

手順2
プラグイン導入手順②

プラグイン導入手順説明2

プラグインの「新規追加」より「DeMomentSomTres Export」を検索しインストールします。

手順3
プラグイン導入手順③

プラグインをインストールしたら忘れずに有効化しましょう!

有効化すると以下の画像のような画面になると思いますが、これは「DeMomentSomTres Export」のすべての機能を使うための設定のようなもので、今回の記事移行機能を使う分には必要がない為「skip」すれば大丈夫です。

プラグイン導入手順説明3

有効化できたらプラグイン導入は完了です。

移行用のカテゴリーを準備する

プラグイン「DeMomentSomTres Export」を使いWordPressでの記事の移行は以下のような単位にて移動することになります。

・カテゴリー

カテゴリー毎に記事を移動

 

・作成者

記事の作成者毎に記事を移動

 

・日付

記事を書いた期間を設定して移動する。

 

・ステータス

公開済み・下書きなどのステータス指定で移動

基本的には専用カテゴリーを作り移動とした方が楽です。

移行したい記事と移行しない記事に分ける為に、移行用のカテゴリーいわゆる移動用フォルダの代用を作るというわけです。

ジグ

カテゴリーは移動元に作成だよ!移動先には必要ありません!

例えば名前は「移行用」など適当でOK!

もちろん記事を移動させた後にカテゴリーを振り分け直し移行用のカテゴリーは解体してしまえば大丈夫です!

記事を別のブログに移行【実践編】

記事を別のブログへ移動させるため、プラグインの導入と移動する記事を移動用カテゴリーに振り分けを終えたら実際に別のブログへと移動させる為の作業に移ります。

まずは導入したプラグイン「DeMomentSomTres Export」を使い移動用カテゴリーをエクスポートしていきます。

「DeMomentSomTres Export」を使い記事をエクスポート

WordPressの管理画面のツール内に先ほど導入したプラグイン「DeMomentSomTres Export」が入っているはずなのでこれを使い作業していきます。

手順1
カテゴリーのエクスポート

移動元のWordPress管理画面のツール内のプラグインを開きます。

エクスポートする内容を選択していきます。

「投稿」にチェックを入れて移動する記事を入れたカテゴリーを選択します。

カテゴリーで移動する際に他の項目はそのまま触らなくてもOKです!

「DeMomentSomTres Export」を使い記事をエクスポート

投稿にチェックを入れカテゴリーを選択したら「エクスポートファイルをダウンロード」をクリックしエクスポートさせます。

書き出されたファイルは

「WordPress.日付」の名前が付きxmlの拡張子で保存されるはずです。

どこに保存されるか見失わないように注意しましょう!

エクスポート作業は以上で終了です!

次は移動先のブログのWordPressでの作業になります。

手順2
記事カテゴリーをインポート

移動元のWordPressから移動させる記事を入れたカテゴリーをエクスポートしたら次は移動先のブログのWordPressの管理画面を開きましょう!

抜き出した記事のカテゴリーをインポートさせるには「管理画面」にあるツール内の「インポート」を使います。

記事をインポートさせる作業

手順3
インポーターの実行

インポート内のWordPressの項目を「今すぐインストール」します。

記事をインポートさせる作業2

「今すぐインストール」をクリックすると「インポーターの実行」に変わるのでこれを実行させます。

手順4
記事をインポート

記事をインポートさせる作業3

インポーターを実行するとファイル選択画面になります。

プラグインDeMomentSomTres Exportでエクスポートしたファイルを選択し「ファイルをアップロードしインポート」をクリックします。

クリックすると投稿者ユーザーの割り当ての選択画面になると思います。

記事のユーザー割り当て

これは同一ユーザーで記事を書いている場合には関係ないのですが、僕は別のユーザー名で移動元のブログ記事を書いていたので移動先のユーザー名に変更してあります。

ここの設定は人によって変わってくるかもですね!

手順5
作業の完了と確認

投稿者の割り当てを終え、「実行」を押すと「すべて完了しました。〜」とメッセージが出れば記事のインポートが成功となります。

記事のインポート完了

実際に記事の移動先のブログを確認し記事が移動されていれば完了です。

移動先には移動元で作ったカテゴリーごとインポートされているはずなのカテゴリーで確認するとわかりやすいと思います。

以上がブログ間の記事移行の作業になります。

記事を移動先のブログにインポートしたら

ジグ

ここまでの作業ご苦労様でした!

しかし無事記事を別のブログに移動ができたからといって安心はできません。

この後もやらなくてはいけない作業があります。

移行を終えたら次の項目にどうぞ!

記事を移行した後の作業

記事を別のブログへ移動させた後にやらないといけない作業がいくつかあります。

その作業が終わったら完了となるので1つずつ項目を確認し必要な作業をしていきましょう!

簡単に必要だと思う作業を書き出してみたいと思います。

作業方法の詳細などは下記1つずつ説明していきますね!

記事を別のブログへ移動後にやること

  • リダイレクト設定
  • 移動元の記事・画像の削除
  • 移動させた記事の確認(崩れ・画像)
  • 必要であれば手直しリライト作業

301リダイレクト設定は必要?

結果から先に言うとリダイレクトの設定は必要です。

リダイレクトとは元々の記事のURLから自動的に新しい移行先のURLに転送してくれるというものです。

移行した元々の記事を非公開もしくは削除すればリダイレクトの必要はないのでは?と思われる方もいると思いますが、リダイレクト設定というのは転送サービスとしての意味合いだけではないのです。

リダイレクトの設定を怠るとせっかくアクセスのある記事を移行したのにGoogleから評価の低い新規で記事を公開したのと同じ扱いになってしまいます。

そうリダイレクトとは元々の記事のGoogleの評価を移動先の記事のURLに評価も引き継いでくれるという非常に大事な設定になります。

リダイレクトしないと記事の評価を落とし検索順位も同様に落としてしまう可能性が高くなってしまうのです。

ジグ

重複コンテンツとしてペナルティの対象となるのでそのまま放置だけはやめましょう!

要するにリダイレクトさせてユーザーやGoogleに対して正しいURLへと導くことで評価を下げることを回避しようということです。

リダイレクトには「301」と「302」という種類があります。

使い方や違いはこの記事で説明はしませんが、メインのブログに記事を移行し運営していくという今回の主旨からいうと恒久的な転送の「301リダイレクト」でいいと思います。

記事の301リダイレクト方法は3つ

移行した記事のリダイレクト設定はエックスサーバーを利用しているのであれば断然エックスサーバーでの設定が簡単です。

その他にも301リダイレクトを設定する方法があります。

  • 「.htaccess」を編集してリダイレクト
  • プラグイン「Simple301 Redirects」を使う
  • エックスサーバーでリダイレクト設定

Googleが推奨しているリダイレクトの設定は「.htaccess」を編集してリダイレクトする方法になりますが慣れていないと少し難しいかもしれません。

しかしプラグインやエックスサバーでの設定でリダイレクトさせる方法が悪いというわけではありません。

では各リダイレクト方法の説明をしますね!

「.htaccess」の編集でリダイレクトさせる方法

「.htaccess」を編集して301リダイレクトさせることができます。

編集方法や「.htaccess」についてはこちらの記事で詳しく解説してくれているので参考にしてみてください。

参考 「.htaccess」の編集でリダイレクトさせる方法WWWクリエイターズ

もし難しいなとか自信がないという人は他の方法でリダイレクトさせる方法もあるので無理をする必要はありません。

プラグイン「Simple 301 Redirects」でリダイレクトさせる方法

「.htaccess」の編集ではなくプラグインを使って301リダイレクトさせることができます。

インストールするプラグインは

「Simple 301 Redirecta」

simple301Redirects

このプラグインをインストールし有効化します。

有効化できるとWordPressの管理画面のサイドバーのプラグインの項目に「301 Redirects」が出てくるなずなのでこれを開きます。

左の「Request」に移行前の記事のURL(ドメインは入力しない)を入力し、右の「Destination」には移動させた記事の新しいURLをドメインを含めて正しく入力します。

プラグインでのリダイレクト設定

入力ができたら「変更を保存」します。

複数の記事を移動させている場合は1つずつ入力→保存の繰り返しです。

入力欄の下にある「Use Wildcards?」というチェックボックスは無視で構いません。

あとは実際に旧URLで移動させたブログの記事に転送されれば完了です。

エックスサーバー設定でリダイレクトさせる方法

冒頭で説明した通りエックスサーバーを利用している人はエックスサーバーのコントロールパネルから簡単にリダイレクト設定ができます。

手順1
エックスサーバーの管理へ

エックスサーバーにログイン。

インフォパネルの契約サーバーの「サーバー管理」へ

サーバーパネルを開きます。

手順2
「サイト転送設定」へ

サーバーパネルを開いたら「ホームページ」の項目の「サイト転送設定」へ

エックスサーバーのリダイレクト設定方法1

手順3
元々記事があったブログの選択

「サイト転送設定」を開いたら設定するブログを選択します。

※選択するブログは元々記事があった方のブログURLです。

エックスサーバーのリダイレクト設定方法2

手順4
リダイレクト設定を追加する

上部タブの「リダイレクト設定追加」を押し追加画面を開きます。

リダイレクト設定ではアドレスの欄に移行前の記事のURLを入力、リダイレクト先に移行後の記事の新しいURLを入力します。

アドレス欄は選択したブログのドメインが自動入力されていると思うのでドメインの後のURLのみ入力します。

リダイレクト先にはhttp://もしくはhttps://からすべてのURLを入力してください。

入力後「確認画面へ進む」を押す。

エックスサーバーのリダイレクト設定方法3

追加できていれば記事のエックスサーバーでのリダイレクト設定は完了です。

手順5
リダイレクト確認

エックスサーバーでリダイレクト設定を終えたら記事移行前の旧URLでページを開くと移行後のブログの新しいURLへ転送されれば完了になります。

引き続きブログ間で移動させた記事を1つずつリダイレクトさせていきましょう!

リダイレクト設定・難易度
「.htaccess」の設定
(3.5)
プラグイン「301 Redirects」
(3.0)
エックスサーバーの設定
(2.0)

設定に自信がない場合は迷わず簡単な方法で設定することをお勧めします。

移動元の記事・画像の削除

リダイレクトの設定が終わったら必ず上手くリダイレクトが行われているか移行前の記事のURLで移行後の記事のURLに転送されるか確認するようにしてください!

問題なく新しいURLに転送されていることが確認できたら移行前の記事の非公開もしくは削除を行います。

移行前のブログ記事のメディアにある画像も削除します。

この他にも確認しなくてはいけない項目がいくつかあります。

確認項目をまとめてみてみました。

移動先の記事の確認作業

アイキャッチやメディアファイル等の確認

「DeMomentSomTres Export」を使い記事をエクスポートしているのでアイキャッチや挿入画像もすべて移動先のブログに以降しているはずです。

しかしそれら画像が移行できていない場合や画像が粗くなってしまっているなどのトラブルが起こる場合があります。

なので移動させた記事は1度すべて確認した方がいいです。

画像関係のトラブルの原因はいくつかありますが、その1つに画像関係のプラグインが影響している可能性もあります。

1度画像関係のプラグインを停止させて確認してみるといいかもしれません。

もし原因が特定でいない場合は1度アイキャッチやその他画像を設定してみるなどの対策が必要になってきます。

ジグ

複数の記事を移動させている場合こうなるとちょっと面倒ですね!

ブログ同士の互換性が無い場合の記事崩れ

同じテーマで同じプラグイン、カスタマイズという環境下であれば問題ないのですが、WordPressで使っているテーマなどが違えば記事が崩れているはずです!

ボックスや文字装飾、画像装飾などが崩れている可能性が高いので確認するといいかもしれません。

あと僕のブログのように吹き出しを使っている場合、移動前の吹き出しの画像と移動させた吹き出しが違う場合もあるので修正が必要になってきます。

内部リンクが正常か確認

特に内部リンクは、ほぼ確実におかしなことになっていると思われます。

内部リンクを貼っている記事自体が移動させておらず存在しない記事になっていたり、そもそも記事IDが変わっている場合もあります。

手間と時間がかかるかもしれませんが、内部リンクの貼り直しが必要です。

商品リンク(アフィリエイトリンク)修正

移動させた記事のアフィリエイトリンクは以前のブログで取得したリンクのはずなので貼り直す必要がある商品リンクは修正するようにしましょう

必要であれば記事の修正・リライト作業

以上の項目を確認して必要であれば記事の修正をしないといけませんね!

これを機に少しリライトしてみるのもアリかもしれませんねー

記事を移動させるだけとはいえ色々やらないといけないこともあるので思ったより大変な作業となるかもしれません。

移行した記事の検索順位や評価はどうなる?

移行した記事の検索順位や評価はどうなる?

別のブログから記事を移行した後その記事の評価やアクセス数気になりますね!

移行前のブログと移行後のブログそれぞれのドメインパワーによって移行後の記事の検索順位と評価が変わってくると考えます。

記事が少し長くなるので、詳しいデータや記事を別のブログへ移行したことによってどうなったかは別記事でまとめることにします。

記事移行後の検索順位やアクセス数の推移

ブログ間の記事移行に伴うアクセス数やGoogle評価の変化を検証!ブログの記事移行に伴うアクセス数や検索順位の変化を検証!

まとめ:ブログ間の記事移動

今回の記事を書きつつ僕はWordPressのブログ同士で5つの記事を移行させました。

5つの記事といっても移行作業や記事の修正など結構時間がかかってしまったのです。

まぁリライト等に時間をかけていた性というのもありますが・・・

しかしせっかくアクセスを集めている記事を今はあまり更新していないような放置ブログに埋もれさせるのは非常にもったいないと思います。

少し時間をかけても記事を有効活用するためにブログ間で移動させるというのはとても有効だと思うんですよね!

記事移動をやってみたいと考えている人に参考になれば幸いです!

Googleアナリティクスの平均セッション時間が0秒になる理由と対処法Googleアナリティクスの平均セッション時間が0秒になる理由と改善方法 MacのWi-Fiが切れやすい!頻繁に接続が不安定になる原因を解消MacのWi-Fiが切れやすい!頻繁に接続が不安定になる原因を解消

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です